水納島の海は透明度が高い【ショート動画あり】

【ショート動画】マリンスポーツで人気のクロワッサンアイランド

動画の概要 ※音あり(音声「VOICEVOX:雨晴はう」)
 水納島(本部町にある離島)

【ショート動画】マリンスポーツで人気のクロワッサンアイランド【日本の魅力を紹介】

上空から見た島の形がクロワッサンだから島の愛称に

水納島行きのフェリー(水納-渡久地)
水納島フェリー(本部港:沖縄県本部町)

水納島はフェリーに乗って15分で到着する近い距離にある離島だ。

気軽に訪れることができるので利用者は多く、マリンスポーツの季節になるとフェリーの運航数が増えて、島はたくさんの人たちでにぎわう。

当時は水納島が人気とは知らず、なんの情報もなしに本部港へ向かった。到着すると駐車場の空きがなくて困った記憶がある。

シーズン中は水納島にとどまる時間が長い人が多くて駐車場はなかなか空かない。待つ間は時間を無駄にしてしまうので、那覇市から本部港へ行くコースならバスを活用する方法もある。

調べたところ、「沖縄エアポートシャトル」と「やんばる急行バス」を利用すれば本部港で下車できるらしい。

マリンスポーツで楽しんだあとは、体力が消耗しているので移動手段をバスにし、ゆっくりするのもいいと思う。

水納ビーチ(水納島)
水納島(沖縄県本部町)

水納島はマリンスポーツが盛んで海辺に人が集中している。

白い砂に透き通る海は魅力的だけど、面積約0.47k㎡、周囲は4.6kmと小さな島なので、時間があれば島内を散策してみるのもいいかもしれない。

関連する記事

【島たび】クロワッサンの形をした「水納島」へ行ってきた(本部町)

【YOUTUBEチャンネル】 ※動画が見れなかった場合

琉球おきなわ説話@ryukyuokinawa
https://www.youtube.com/@ryukyuokinawa

YouTubeショート動画サムネイル「マリンスポーツで人気のクロワッサンアイランド」
水納島(沖縄県本部町)
TOPページロゴ
TOPページ

沖縄のサクラは開花が早い【ショート動画あり】

【ショート動画】南の島でサクラの花見

動画の概要 ※音あり(音声「VOICEVOX:四国めたん」)
 今帰仁城跡(今帰仁村)

【ショート動画】南の島でサクラの花見【日本の魅力を紹介】

沖縄のサクラの花見は1月から2月

サクラが開花し、花見を楽しむのは3月から4月頃という地域が多いなか、沖縄は1月から2月が開花と花見の時期となる。

沖縄は年平均気温が約23℃と高く、本土より四季の変化をあまり感じられないが、植物を見ることで少し早い春の訪れを知ることができる。

サクラは庭木として植えている家庭は少なく、街路樹や公園などで見かける。

本土ではサクラといえばソメイヨシノが有名で、花は白に近い薄いピンク色をしているが、沖縄では寒緋桜(ヒカンザクラ)が咲き、花はピンク色が濃い。

サクラが開花すると、花見の名所には多くの人でにぎわう。

花見スポットは北部が多く、休日に訪れると目的地に到着する前に道路渋滞につかまったことがあった。

サクラの花見に行くなら、渋滞も考慮して訪れる計画を立てたほうがいい。また上着を持っていったほうがいい。

1月の平均気温は17.3℃で、最高気温は19.8℃、最低気温は14.9℃となっているが、風が吹くと寒く感じる。気分よく花見を楽しむために、防寒着は準備しておいて損はないと思う。

関連記事:「桜」

桜の名所となる今帰仁城跡(今帰仁村)

眺めがいいという名護城跡へ行ってきた(名護市)

【YouTubeチャンネル】 ※動画が見れなかった場合

琉球おきなわ説話@ryukyuokinawa
https://www.youtube.com/@ryukyuokinawa

YouTubeショート動画サムネイル「島のサクラは開花が早い」
今帰仁城跡(沖縄県今帰仁村)
TOPページロゴ
TOPページ

【おしらせ】2023年の記事について

 『琉球おきなわ説話』へのご訪問、ありがとうございます。

 今後の記事についておしらせがあります。

 感染症流行のためずっと旅行をひかえており、思うように記事が書けていません。

 2022年は隔週で記事を投稿していましたが、2023年は公開済み記事の見直しを行うことにします。

 『琉球おきなわ説話』は、旅行記を兼ねているので大きな変更はしません。誤字脱字、リンク切れの修正をし、公開済み記事の中に関連しそうな内容があればリンクの追加を予定しています。

 また記事に掲載した画像と未公開の画像を使い、動画としてまとめることも考えています。ブログ記事に載せていない情報が見つかった場合は動画で紹介するなど、ブログにはない内容も含めることができればいいなと思っています。

 これからも『琉球おきなわ説話』をよろしくお願いします。

沖縄の日常風景 11【画像】

フツーにある沖縄の風景

サトウキビ畑
さとうきび畑と夕日(沖縄県八重瀬町)

なかなか沖縄に行けない。

そこで日常を切り取った写真を見て、沖縄にいるような気分を味わうことにした。

30分で行ける離島「津堅島」にある灯台

津堅島灯台
津堅島灯台(津堅島:沖縄県うるま市)

沖縄の海を楽しむ観光客

アメリカンヴィレッジ
ビーチから見える景色(沖縄県北谷町)
“沖縄の日常風景 11【画像】” の続きを読む

ただの空き地に見える仲原馬場には意外な過去が!(今帰仁村)

松に囲まれた広い空き地のような仲原馬場

仲原馬場
仲原馬場(沖縄県今帰仁村)

なんの変哲もないものに見えるが実はこんな歴史が!と変わった過去をもつ場所は多い。

整備された駐車場のようにも見える仲原馬場にも珍しい過去がある。

“ただの空き地に見える仲原馬場には意外な過去が!(今帰仁村)” の続きを読む