老舗「ステーキハウス88」へ行ってきた(本部町)

ステーキハウス88美ら海店

サイコロステーキ
サイコロステーキ(ステーキハウス88)

ステーキハウス88は、1978年那覇市内にお店をオープンさせたステーキ屋で、県内には複数の支店がある。

店名の通りステーキが売りで、「ボリュームたっぷり」「リーズナブルなお値段」を会社理念にしているお客に嬉しいお店だ。

“老舗「ステーキハウス88」へ行ってきた(本部町)” の続きを読む

道の駅ゆいゆい国頭のパーラーゆめちゃん(国頭村)

パーラーゆめちゃんで美味いモノGet!

パーラーゆめちゃん
パーラーゆめちゃん(ゆいゆい国頭)

北部をドライブ中、食料調達のため「道の駅ゆいゆい国頭」に立ち寄った。

10:00前に訪れた時点で道の駅は営業していたが、飲食関連のお店がまだ開店していなかった。

観光案内所で聞いてみると、ほとんどの飲食店がランチを利用する人に合わせて昼時(だいたい11:00)から開店するという。

そこで開店していた「パーラーゆめちゃん」を利用してみた。

“道の駅ゆいゆい国頭のパーラーゆめちゃん(国頭村)” の続きを読む

【島たび】下地島へ行ってきた(宮古諸島)

伊良部島から下地島へ(宮古島市)

通り池
通り池までの道(下地島)

下地島は宮古島市に属し、となりの伊良部島とは橋でつながっている。

伊良部島から下地島を結ぶ橋を渡ったが距離が短かったため、下地島に入ったという実感がわかなかった。

宮古諸島
宮古諸島の地図

“【島たび】下地島へ行ってきた(宮古諸島)” の続きを読む

海洋博公園内にある「おきなわ郷土村」(本部町)

むかしの沖縄民家が見たいなら「おきなわ郷土村」へ

おきなわ郷土村
おきなわ郷土村(沖縄県国頭郡本部町)

海洋博公園は、沖縄国際海洋博覧会を記念して設置された国営公園で、広い敷地のなかには美ら海水族館や熱帯ドリームセンター、博物館、ビーチなどがある。

じっくり見たいなら一日では足りないくらい名所が多く、しかも無料で利用できる施設もあるからおススメだ。

今回の記事では海洋博公園内にある「おきなわ郷土村」を紹介していく。

“海洋博公園内にある「おきなわ郷土村」(本部町)” の続きを読む

琉球八社のひとつ「安里八幡宮」(那覇市)

八社のなかでも一番古い神社となる安里八幡宮

安里八幡宮
安里八幡宮(沖縄県那覇市)

安里八幡宮あさとはちまんぐうは、琉球八社のなかで最も古い神社といわれていて、一四六六年に尚徳王により創建された。

八幡宮は住宅地のなかにあり、周囲に溶けこんでいてほのぼのした感じの神社だった。

“琉球八社のひとつ「安里八幡宮」(那覇市)” の続きを読む

【豊見城市の石獅子】高嶺のシーサー

高嶺のシーサー(豊見城市)

高嶺の石獅子
高嶺の石獅子(豊見城市)

独特の表情を持つ村落獅子にハマってしまい、沖縄県内にある石獅子さがしをしている。

有名な石獅子は探しやすいが、そうではない石獅子は、地元の人でも存在を知らない場合があるので発見するのが難しいこともある。

高嶺のシーサーは豊見城市内をドライブしているときに偶然見つけた。

小高い場所に石獅子らしき姿が見えたので気づきやすかった。

“【豊見城市の石獅子】高嶺のシーサー” の続きを読む

【沖縄の鉄道】軽便「与那原駅舎」(与那原町)

軽便与那原駅舎 展示資料館へ行ってきた

軽便与那原駅舎 展示資料館
軽便与那原駅舎 展示資料館(沖縄県与那原町)

先の戦争で焼失してしまったため痕跡がほとんど残っていないが、沖縄には鉄道があった。

本土の列車より小さい軽便鉄道で「ケービン」と呼ばれていたという。

軽便鉄道は人やサトウキビなどの運搬を行なっていて、与那原線・嘉手納線・糸満線が走っていたという。

「軽便与那原駅舎 展示資料館」は、軽便鉄道が走っていた頃の駅舎を再現したもので、建物内は鉄道の資料館となっていた。

“【沖縄の鉄道】軽便「与那原駅舎」(与那原町)” の続きを読む

沖縄の郷土料理が食べたいなら「みの家」へ(那覇市)

みの家(パレットくもじ)

みの家
みの家(沖縄県那覇市)

沖縄の郷土料理を食べたいが、アクセスがよくて、遅い時間まで営業しているお店はないだろうか…と困っている人におススメなのが「みの家」。

みの家は1972年創業の沖縄料理店で、郷土料理が食べたくなったときに利用するが、ボリュームがあるのに安価なので気に入っているお店のひとつだ。

“沖縄の郷土料理が食べたいなら「みの家」へ(那覇市)” の続きを読む