沖縄独特の石橋の遺構がある真玉橋(豊見城市)

琉球の歴史にふれることができる真玉橋遺構

真玉橋の遺構
真玉橋の遺構(沖縄県豊見城市)

沖縄は戦場になったので焼失したものは多い。だから歴史的なものが残っているというだけで感動する。

豊見城市に真玉橋の遺構がある。

もともとの真玉橋は琉球王・尚真の時代に造られたものなので、歴史を感じることができるものだ。

“沖縄独特の石橋の遺構がある真玉橋(豊見城市)” の続きを読む

沖縄の日常風景 10【画像】

沖縄のなかでも透明度の高い海をお届け

座間味島
座間味島の海(沖縄県座間味村)

感染症の流行で沖縄に行くことができない。なので写真を見て泳いでいる気分になることにした。

シュノーケルをしたときに撮った海中のようす

熱帯の海の魚
ウカビ島(沖縄県南城市)

沖縄には透明度の高い海がある。

シュノーケルしたときに海中写真を撮っていたので紹介していく。

※見やすいように加工した写真も掲載しています

“沖縄の日常風景 10【画像】” の続きを読む

シーサーではなく石と呼ばれている「ニーセー石」(八重瀬町)

ほかのシーサーとは形状が異なるニーセー石

ニーセー石
ニーセー石(沖縄県八重瀬町)

八重瀬町には沖縄県内で最大最古とされる村落獅子が鎮座しているので、石獅子発祥の地といってもいいだろう。

発祥の地とあって八重瀬町にはたくさんの石獅子がいる。

たいていの石獅子の名前に「シーサー」または「石獅子」がつくのに、小城地区に鎮座している村落獅子は「ニーセー石」と呼ばれている。

“シーサーではなく石と呼ばれている「ニーセー石」(八重瀬町)” の続きを読む

北部でもおまわりさん人形を発見!(名護市)

田井等の交差点で見つけた交通人形

おまわりさん人形
田井等の交通人形(沖縄県名護市)

沖縄には、交通安全のためにつくられた変わった人形がある。

コンクリート製の人形で、警官の姿をしているから「おまわりさん人形」と呼ばれている。

名護市に立つおまわりさん人形(交通安全人形)に会いに行った。

“北部でもおまわりさん人形を発見!(名護市)” の続きを読む

今はなくなってしまった瀬底島の灯台(本部町)

白いビーチにあった瀬底島灯台

瀬底島灯台
瀬底島灯台(本部町)

瀬底島灯台は撤去されたと聞いた。

島を訪れて真偽を確かめてから記事にしようと思っていたが、コロナ禍で外出を控えているため難しい。

そのため撤去されたかの事実確認は取れていないが、かつての灯台を紹介する。

“今はなくなってしまった瀬底島の灯台(本部町)” の続きを読む