デッカーズカフェ decker’s cafe(那覇市)

デッカーズカフェ

デッカーズカフェ
デッカーズカフェ(沖縄県那覇市)

新都心はオフィスがあるから飲食店も多い。

ランチの時間だとお得な値段で料理を提供しているお店があるので、新都心でのお店探しは楽しい。

ちょうど昼時だったので、お店の外観にひかれてデッカーズカフェを利用してみた。 “デッカーズカフェ decker’s cafe(那覇市)” の続きを読む

沖縄の闘牛「ウシオーラセー」

牛同士が闘う沖縄の闘牛

闘牛
闘牛(沖縄県読谷村)

闘牛のことを沖縄では「ウシオーラセー」という。

ウシオーラセーは、沖縄ではむかしから行なわれており、闘牛といっても人対牛ではなく、牛同士が闘う競技となっている。

地域で行われる祭りなどの行事でウシオーラセーを開催することがある。

読谷村で行われた「読谷まつり」で、闘牛大会(ウシオーラセー)があったので見に行ってきた。
“沖縄の闘牛「ウシオーラセー」” の続きを読む

自然観測におススメな島尻のマングローブ林【宮古島】

島尻のマングローブ林(宮古島市)

島尻のマングローブ林
島尻のマングローブ林(沖縄県宮古島市)

マングローブは水中に木が群生している変わった景観となっていて、独特な世界をつくっている。

そんな珍しい林の中を見学できるように散策路を設けた場所がたまにあるが、宮古島にも「島尻のマングローブ林」という観光名所があるので寄ってみた。
“自然観測におススメな島尻のマングローブ林【宮古島】” の続きを読む

【沖縄の怖い話】石枕にまつわる民話

日本各地にある類似の伝承

ランプA

日本各地には似たような伝承がある。

現在のようにテレビなど共通の媒体を通して全国に広がったのならわかるが、それがなかった琉球時代の民話に、海を隔てた地域と似たような話が残っているのはなぜだろう。

沖縄の怪談に東京で知った民話と似ている話があったので紹介していく。

“【沖縄の怖い話】石枕にまつわる民話” の続きを読む

ハワイアンパンケーキハウス Paanilani(恩納村)

パニラニ

パニラニ
ハワイアンパンケーキハウス パニラニ(沖縄県恩納村)

朝早くから開店しているお店を探していて立ち寄ったのが「パニラニ」。

パニラニは店名にある「ハワイアンパンケーキ」からわかるように、ハワイアンパンケーキが食べれるお店で、パンケーキは初めてだったから、どんなものかとわくわくした。 “ハワイアンパンケーキハウス Paanilani(恩納村)” の続きを読む

伊芸サービスエリアで美味しいものGet!(金武町)

伊芸SA

伊芸SA下り線
伊芸サービスエリア下り線(沖縄県国頭郡金武町)

沖縄の高速道路では「下り」というと北部方面(名護)へ行くことを指し、「上り」というと南部方面(那覇)へ行くことを指す。

これは首里(琉球国時代に王府があった場所。現在の那覇市首里)へ行くことを「首里上り」と言ったからとか。

南部から北部へ行くため高速道路を利用したが、そのときに休憩がてら伊芸SAへ寄った。

“伊芸サービスエリアで美味しいものGet!(金武町)” の続きを読む

【沖縄の怖い話】化けて人間を襲う「龕マジムン」

沖縄の民話にでてくる龕マジムン

ろうそく

むかしの人たちは、すべてのモノには霊魂が宿っているという精霊信仰を強くもっていた。

沖縄も精霊信仰があり、語り継がれている民話のなかには、モノが化けて人を襲ったという話がある。

精霊信仰が関係している民話はいくつかあるが、今回はその中の「龕マジムン」を紹介していく。

“【沖縄の怖い話】化けて人間を襲う「龕マジムン」” の続きを読む

道の駅ゆいゆい国頭(国頭村)

観光物産センターにもなっているゆいゆい国頭

ゆいゆい国頭
道の駅ゆいゆい国頭(沖縄県国頭郡国頭村)

「ゆいゆい国頭」は沖縄本島最北端の道の駅となっている。

道の駅には、とれたて野菜や国頭村関連のアイテムなど、地元と関わる商品が多くておみやげ選びに最適だ。

また飲食を提供するお店もあるため休憩場所としても利用できる。

遊具のある公園のようなスペースも併設されていて、地元の人たちが利用しており平素から人気のある場所のようだ。

また施設内には「展示室」もあり、無料で見学できるようになっていた。
“道の駅ゆいゆい国頭(国頭村)” の続きを読む

察度王統【琉球王】

察度王統(2代)

今回は2代続いた察度王統を紹介していく。

察度王統は6つある琉球の王統の流れでは、上から4つ目の王統にあたる。

6つに分かれる琉球王統

天孫氏王統

舜天王統

英祖王統

察度王統

第一尚氏王統

第二尚氏王統

関連する記事

琉球の王統【琉球・沖縄の歴史】

王に関連する伝承や史跡などをまとめてみた

01 察度

02 武寧

察度王統1代目:察度

察度さっと…1321年?~1396年?

察度(=謝名むい)は奥間大親と天女の間にできた子という羽衣伝説や、家の周りに金塊があったという黄金伝説もある。

察度の時代に琉球は初めて明に朝貢し、三山時代に。

  • 北部(山北または北山)…今帰仁グスクを拠点とする按司が統合
  • 中部(中山)…浦添グスクを中心に統合
  • 南部(山南または南山)…島尻大里グスクを拠点に統合
関連する記事

天女伝説がある「森の川」(宜野湾市)

察度王統2代目:武寧

武寧ぶねい…1396年~1406年

武寧は、第一尚氏王統となる尚思紹・尚巴志の親子に滅ぼされ、察度王統は終わりを告げた。

TOPページロゴ
TOPページ