集落にある緑のトンネル(本部町)

備瀬のフクギ並木

備瀬のフクギ並木
備瀬のフクギ並木(沖縄県本部町)

沖縄では、むかしから台風による被害が大きかったことから台風対策には気を遣ってきた。

フクギ(オトギリソウ科)も対策のひとつとして、防風・防火林として利用され、屋敷周辺に植えたりしていた。

今では建物が頑丈になったため、フクギを防風・防火として植えることは少なくなったが、むかし植えられたフクギが生長して、緑のトンネルをつくっている地域がある。

本部町にある「備瀬のフクギ並木」は、美ら海水族館から近いこともあり、観光スポットして人気だ。

“集落にある緑のトンネル(本部町)” の続きを読む

チョコレートが美味しいファッションキャンディ(宜野湾市)

沖縄生まれのスイーツの店 ファションキャンディ

ファッションキャンディ
スカルチョコ(ファッションキャンディ)

ファッションキャンディは沖縄生まれの洋菓子店で、チョコレートやケーキなどを販売している。

沖縄は年中暑いので熱に弱いチョコは溶けてしまうイメージがあり、製造には向かないと思っていた。

そのためファッションキャンディのことを知ったときは、無謀じゃないか?と驚いた。

しかし購入した「ちんすこうショコラ」が思っていたより熱に強く、味も良かったため今では沖縄土産として重宝している。

ほかにも沖縄の素材を使った商品など、お土産として購入してきたが、いつも空港やお土産店を利用していた。

以前から直営店が気になっていたので、今回初めて宜野湾本店を訪れてみた。

―― 注 意 ――
2017年10月5日に宜野湾本店がリニューアルオープンしたと公式サイトにあった。
この記事は2016年に訪れたときの内容なので、変わっているところがあるかもしれない。

“チョコレートが美味しいファッションキャンディ(宜野湾市)” の続きを読む

遅い時間まで開いているドイツ菓子レーゲンス(宜野湾市)

レーゲンスのちょっとオトナ向けスイーツ

レーゲンス
ドイツ菓子 レーゲンス(沖縄県宜野湾市)

宜野湾市にある「ドイツ菓子レーゲンス」は、少し遅い時間まで営業しており、残業を終えた後でも行くことができるありがたいお店だ。

便利なので利用しているが、商品がほかのケーキ屋さんと違っていて、ちょっとオトナ向けのスイーツがあるため気に入っている。

“遅い時間まで開いているドイツ菓子レーゲンス(宜野湾市)” の続きを読む

世界遺産 識名園(那覇市)

景観を楽しむ空間「識名園」

識名園
識名園(沖縄県那覇市)

沖縄本島にある世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」は全部で9つあるが、今回はそのうちのひとつ識名園を訪れた。

識名園しきなえんは琉球時代の王の別邸だが、外国からの使者の招待にも利用したという。

沖縄戦で破壊されてしまったが、長い年月をかけて再建されている。

“世界遺産 識名園(那覇市)” の続きを読む

【島たび】沖縄本島から船で行ける日帰り可能な離島

船旅1~2時間で離島へ

渡名喜島
渡名喜島(沖縄県渡名喜村)

ここでは、沖縄本島から「船で2時間以内」「日帰り可能な離島」を紹介している。

フェリーの所要時間を基本としているので、最長2時間となっているが、高速船を使うとさらに早い時間で行くことができる離島もある。

紹介している離島の出発地は、那覇市の泊港(通称:とまりん)で、離島行きの船のほとんどがここから出発している。

この記事にでてくる島
渡嘉敷島 座間味島・阿嘉島 渡名喜島 粟国島 久米島

出発地
那覇市「泊港(とまりん)

“【島たび】沖縄本島から船で行ける日帰り可能な離島” の続きを読む