やんばる野生生物保護センター(国頭村)

ウフギー自然館

やんばる野生生物保護センター
ウフギー自然館(沖縄県国頭郡国頭村)

ヤンバルに棲む野生生物に会うことはむずかしい。

森には猛毒を持つハブがいて危険だし、蚊やヒルなど不快な生きものもいるので簡単に森の中へ行くこともできない。

そこでおススメなのが「ウフギー自然館」で、ここでは画像や映像などを使ってヤンバルの自然や森に棲む野生生物のことを紹介している。

“やんばる野生生物保護センター(国頭村)” の続きを読む

琉球料理「イラブー汁」を食べてみた【久高島】

ランチを食べに食事処「とくじん」へ行ってきた(南城市)

食事処とくじん
イラブー汁(食事処とくじん)

「イラブー」とはウミヘビ(エラブウミヘビ)のことで沖縄の海にも生息している。

このウミヘビを使った「イラブー料理」は沖縄の郷土料理のひとつで、琉球料理のなかでも最高級といわれている。

料理はウミヘビの燻製を長時間煮込んで作ったスープがメインのものだが、食材が高価なこともあり、一般家庭ではめったに食卓に上がらない珍品だ。

南城市に属する久高島へ行ってきたが、イラブーの燻製が島の特産品であることを知った。

そして島たびの途中でイラブー料理を食べることができるお店を見つけたので、せっかくだからイラブーを食べてみることにした。

“琉球料理「イラブー汁」を食べてみた【久高島】” の続きを読む

【雨の日OK!】沖縄美ら海水族館(本部町)

沖縄の海を観に、美ら海水族館へ行ってみよう(海洋博公園)

沖縄美ら海水族館
美ら海水族館(沖縄県本部町)

海洋博公園内に「沖縄美ら海ちゅらうみ水族館」はある。

海に囲まれた沖縄だと、水族館に行かず直接海へ行けばいいのに…と言う人もいる。

意外かもしれないが沖縄の人たちは海へ行っても泳ぐ人はわりと少なく、海中の様子を知らない人がけっこういる。

そのため海中を見ることができる水族館は地元の人でも楽しめるスポットになっている。

“【雨の日OK!】沖縄美ら海水族館(本部町)” の続きを読む

ヤンバルクイナ展望台(国頭村)

森の上にいた巨大ヤンバルクイナ

ヤンバルクイナ展望台
ヤンバルクイナ展望台(沖縄県国頭村)

国頭村の森の中には、ヤンバルクイナをモチーフにした展望台がある。

ヤンバルクイナといっても、サイズは特大で、建物の3階分は軽く越える上に、とてもリアルにつくられていて迫力満点だ。

“ヤンバルクイナ展望台(国頭村)” の続きを読む

日本にいる野生動物たち【画像】

動物が好きだが、野生生物にはなかなか会えない。
そこで、日本にいる野生動物の写真を集めてみた。

– 注意 –
動物の写真は、自分なりに調べているけど、間違った画像があるかもしれません。

日本の野生動物(ほ乳類)

シマリス

シマリス
シマリス

エゾシマリスが北海道に分布している。
おもに地上で活動し、地面に穴を掘って食べものを蓄える習性があり、10月頃から冬眠する。

“日本にいる野生動物たち【画像】” の続きを読む

【危険回避】海の危険生物を知ろう

沖縄の海を楽しむ前に知っておこう「海のキケン生物」たち

クラゲ注意の標識
クラゲ注意

美しい海に、島のゆったりとした時間の流れ――
沖縄にはたくさんの魅力が詰まっている。

でも、自然のなかには危険な生物もいる。

せっかくの沖縄旅行を楽しむために、海へ行く前に「海の危険生物」を知っておこう。

わかりやすい動画で事前に海を知る

写真などで海にいる危険な生きものを紹介することもできるが、それだけだと伝わりにくい。
そこでわかりやすい動画を見つけたので参考にどうぞ。

■YouTube動画 「気をつけよう!! 海のキケン生物

約22分の動画だが、危険な生きものたちを海にいる状態で紹介しているので、実践的でかなり役に立つ。
海へ行く予定があるなら、この動画を先に見ておくことで対策を立てることができる。

※ただし、ケガの症例もでてくるので、苦手な人は遠慮したほうがいいかも。

“【危険回避】海の危険生物を知ろう” の続きを読む

【危険回避】沖縄旅行を満喫するために知っておくべきこと(陸上編)

沖縄のキケン生物たち(陸上編)

壺屋のシーサー
植物にうもれるシーサー(沖縄県那覇市)

沖縄の自然は力強い。

頻繁に草刈りをしても雑草はすぐに伸びるし、植物の生長は旺盛で、放置しておくとあっという間に雑木林ができあがる。

そして植物に負けず、動物や昆虫たちの活動も活発で、ヤンバルには沖縄固有種の宝庫になっている。

生命のあふれる島だが、なかには危険な生物も存在するので、予備知識はあったほうがいい。

ここでは「沖縄の危険生物」を紹介するので、旅先での危険回避の参考にしてもらいたい。

“【危険回避】沖縄旅行を満喫するために知っておくべきこと(陸上編)” の続きを読む

沖縄にある「動物注意」の標識

「動物が飛び出すおそれあり」の警戒標識

沖縄本島北部のヤンバルは、南部や中部と比べると自然が豊かだ。
森が動物たちの生活を守るので、野生動物も多い。

ヤンバルの道をドライブしていると、あちこちで「動物注意」と書かれた黄色の標識を見る。

「動物注意」の標識は警戒標識のひとつで、正式には「動物が飛び出すおそれあり」(214の2)という。

わかりやすく説明すると、道路の標識は国道だと国(=国土交通省)が、県道などは都道府県が設置することになっている。

標識には設置基準があり、イラストなども決まっている。
ところが「動物が飛び出すおそれあり」の標識は、いろいろな動物が描かれていたりする。

標準は「シカ」のイラストのようだが、地域によって生息する生きものが違うので、その土地に合わせた動物のイラストを使用することができるようだ。

沖縄には島独自の生きものがいるが、ヤンバルの道路にある警戒標識には、森に生息している動物たちが描かれている。

いろんな標識を見つけたが、イラストがよくできていたので、どの生きものについて描いたのかを自分なりに調べてみた。

「とび出し注意」ヤンバルクイナ

ヤンバルクイナ
ヤンバルクイナ

“沖縄にある「動物注意」の標識” の続きを読む