独特の景観をつくるマングローブ林(東村)

慶佐次湾のヒルギ林

ふれあいヒルギ公園
慶佐次湾のヒルギ林(沖縄県国頭郡東村)

慶佐次湾は2016年9月に「やんばる国立公園」に指定された。

しかし国立公園となる前から慶佐次湾は「ふれあいヒルギ公園」として整備されていたので観光名所として知られている。

慶佐次湾にはマングローブ林がある。

マングローブ林の特徴は、干潮時になると潮が引いて川底が見えるくらい水がなくなる。

しかし海の潮が満ちてくると徐々に水量が増え、大きな川へと姿を変える。

慶佐次湾のヒルギ林
慶佐次湾のヒルギ林
慶佐次湾のヒルギ林
慶佐次湾のヒルギ林(沖縄県東村)

慶佐次湾でも潮の満ち引きがあり、マングローブ林が広がる独特の景観をつくっている。

ここではカヤックが楽しめるようになっていて観光スポットとして人気がある。

ふれあいヒルギ公園
慶佐次湾のヒルギ林(沖縄県国頭郡東村)

またカヤックで楽しむ以外に、マングローブ林を散策できるように遊歩道も整備されている。

マングローブ林はジャングルのような感じで、潮が引いていると遊歩道からマングローブ林に棲む生きものを観察することもできる。

“独特の景観をつくるマングローブ林(東村)” の続きを読む

パワースポットで知られている大石林山(国頭村)

奇岩を見に大石林山へ

大石林山
大石林山(沖縄県国頭郡国頭村)

大石林山は、カルスト地形を観光の目玉にした施設で、園内は独特ともいえる奇岩をめぐれるように整備したコースを設けている。

大石林山
大石林山のバリアフリーコース(沖縄県国頭郡国頭村)

バリアフリーとなっているコースもあるので、年配の人でも楽に散策できるように配慮されているから利用しやすい。

“パワースポットで知られている大石林山(国頭村)” の続きを読む

絶景スポット!ワルミ大橋(今帰仁村)

ワルミ大橋から見える美しい海峡

ワルミ海峡
ワルミ海峡(沖縄県国頭郡今帰仁村)

橋の駅リカリカワルミの近くに、ワルミ海峡を一望できる展望台がある。

無料で利用できるようになっていて、展望台からは沖縄の美しい海と島々が浮かぶ景色を見ることができる。

“絶景スポット!ワルミ大橋(今帰仁村)” の続きを読む

身近なものを展示している名護博物館(名護市)

名護博物館

名護博物館
名護博物館(沖縄県名護市)

名護博物館は名護市の住宅地内にあり、建物が周りの住宅に溶けこんでいて探しにくかった。

また博物館は交差点にあるため車線によっては入りにくかったが、駐車場があったのは便利だった。

博物館はそれほど大きくないが、生活に密着した展示物が多くて親近感がわいた。

“身近なものを展示している名護博物館(名護市)” の続きを読む

ヤンバルクイナに会ってきた(国頭村)

ヤンバルクイナ生態展示学習施設「クイナの森」

ヤンバルクイナ
ヤンバルクイナ(ヤンバルクイナ生態展示学習施設)

ヤンバルクイナは1981年に新種と発表された飛べない鳥で、鳥の新種発見は珍しいため当時はかなりニュースになった。

発見後、調査していくうちにヤンバルクイナの生息地域が開発などで狭くなっていたり、外来種に襲われて個体数が減少していたことがわかり絶滅が心配されるようになった。

そこでヤンバルクイナの保護活動が行なわれるようになり、少しずつではあるが個体数が増えてきているようだ。

ヤンバルクイナは警戒心が強いため危険を察知するとすぐに身を隠す。

そのため観察するのが難しい鳥だが、国頭村にはヤンバルクイナをじっくりと観察できる「ヤンバルクイナ生態展示学習施設」がある。

ヤンバルクイナ生態展示学習施設にある「クイナの森」へ行くと、いきいきと生活しているヤンバルクイナに会うことができる。

“ヤンバルクイナに会ってきた(国頭村)” の続きを読む

老舗「ステーキハウス88」へ行ってきた(本部町)

ステーキハウス88美ら海店

サイコロステーキ
サイコロステーキ(ステーキハウス88)

ステーキハウス88は、1978年那覇市内にお店をオープンさせたステーキ屋で、県内には複数の支店がある。

店名の通りステーキが売りで、「ボリュームたっぷり」「リーズナブルなお値段」を会社理念にしているお客に嬉しいお店だ。

“老舗「ステーキハウス88」へ行ってきた(本部町)” の続きを読む

道の駅ゆいゆい国頭のパーラーゆめちゃん(国頭村)

パーラーゆめちゃんで美味いモノGet!

パーラーゆめちゃん
パーラーゆめちゃん(ゆいゆい国頭)

北部をドライブ中、食料調達のため「道の駅ゆいゆい国頭」に立ち寄った。

10:00前に訪れた時点で道の駅は営業していたが、飲食関連のお店がまだ開店していなかった。

観光案内所で聞いてみると、ほとんどの飲食店がランチを利用する人に合わせて昼時(だいたい11:00)から開店するという。

そこで開店していた「パーラーゆめちゃん」を利用してみた。

“道の駅ゆいゆい国頭のパーラーゆめちゃん(国頭村)” の続きを読む

海洋博公園内にある「おきなわ郷土村」(本部町)

むかしの沖縄民家が見たいなら「おきなわ郷土村」へ

おきなわ郷土村
おきなわ郷土村(沖縄県国頭郡本部町)

海洋博公園は、沖縄国際海洋博覧会を記念して設置された国営公園で、広い敷地のなかには美ら海水族館や熱帯ドリームセンター、博物館、ビーチなどがある。

じっくり見たいなら一日では足りないくらい名所が多く、しかも無料で利用できる施設もあるからおススメだ。

今回の記事では海洋博公園内にある「おきなわ郷土村」を紹介していく。

“海洋博公園内にある「おきなわ郷土村」(本部町)” の続きを読む

やんばる野生生物保護センター(国頭村)

ウフギー自然館

やんばる野生生物保護センター
ウフギー自然館(沖縄県国頭郡国頭村)

ヤンバルに棲む野生生物に会うことはむずかしい。

森には猛毒を持つハブがいて危険だし、蚊やヒルなど不快な生きものもいるので簡単に森の中へ行くこともできない。

そこでおススメなのが「ウフギー自然館」で、ここでは画像や映像などを使ってヤンバルの自然や森に棲む野生生物のことを紹介している。

“やんばる野生生物保護センター(国頭村)” の続きを読む