琉球時代から存在する住吉神社(那覇市)

複数の拝所がずらりと並ぶ住吉神社

住吉神社
住吉神社の鳥居(沖縄県那覇市)

しばらくぶりに那覇市を訪れると、街が様変わりしていてとまどう。

那覇は琉球時代は浮島と言われていて、湾に小島が浮かんでいるようなエリアで、今のような繁華街ではなかった。

長い間、土地開発が行われている那覇は現在も進行中で、毎年どこかが変化している。

今回紹介する住吉神社は、琉球時代から存在する古い社寺だが、何度も位置が変わり現在に至っている。

“琉球時代から存在する住吉神社(那覇市)” の続きを読む

百名ビーチにある謎の石碑はなに?(南城市)

ビーチの近くにある二つの聖地

ヤハラヅカサ
百名ビーチにあるヤハラヅカサ(沖縄県南城市)

干潮時に百名ひゃくなビーチの砂浜を散策していると、記念碑のようなものが海岸にあることに気づく。

なんだろうと気になって近くまで行き、見に行った人もいるのではないだろうか。

この不思議な石には「ヤハラヅカサ」と書かれているだけで、初めて見た人にはどんな意味があるのかはわかりづらい。

実はこのヤハラヅカサ、琉球神話にまつわるもので、琉球をつくったといわれているアマミキヨが降り立った場所といわれているのだ。

“百名ビーチにある謎の石碑はなに?(南城市)” の続きを読む

異国の空気が漂う泊外人墓地(那覇市)

外人墓地とペリー提督上陸記念碑

泊外人墓地
泊外人墓地(沖縄県那覇市)

外国の人がアジアの人を見て、国籍の区別が難しいように、白人の国籍の区別がつかなくて、一緒くたに「ウランダー(オランダ人のこと)」と呼んだのが琉球時代のうちなーんちゅだ。

今は海を越えられる交通手段として飛行機もあるが、昔は船しかなかった。

しかも船は今のような高い技術ではなかったし、医療技術も発展していなかったため、航海中に亡くなる人が多かった。

泊外人墓地は、琉球時代に船旅で亡くなってしまった外国の方々を葬ったところで、お墓の形は沖縄やほかの日本の地域で見かけるようなものではない。

お墓は洋風で、映画で見るような白い墓標が並ぶ墓地は、異国情緒があって不思議な空間をつくり出している。

“異国の空気が漂う泊外人墓地(那覇市)” の続きを読む

英祖王統【琉球王】

英祖王統(5代)

英祖王統は5代続いている。
王に関連する伝承や史跡などをまとめてみたが、情報が少なかった。

6つに分かれる琉球王統

天孫氏王統

舜天王統

英祖王統

察度王統

第一尚氏王統

第二尚氏王統

関連する記事

琉球の王統【琉球・沖縄の歴史】

王に関連する伝承や史跡などをまとめてみた

01 英祖

02 大成

03 英慈

04 玉城

05 西威 “英祖王統【琉球王】” の続きを読む

舜天王統【琉球王】

舜天王統(3代)

琉球王統で分けると上から2つ目に当たるのが「舜天」王統。

舜天王統は、1187年から1259年まで3代続いたと伝わっている。
正史に登場するので史実の王統といわれているが、調べてみると伝説という要素が強い部分もある。

6つに分かれる琉球王統

天孫氏王統

舜天王統

英祖王統

察度王統

第一尚氏王統

第二尚氏王統

関連する記事

琉球の王統【琉球・沖縄の歴史】

王に関連する伝承や史跡などをまとめてみた

01 舜天

02 舜馬順煕

03 義本

“舜天王統【琉球王】” の続きを読む