琉球の歴史を感じさせる金城橋(那覇市)

金城橋と識名平

金城橋と識名平
金城橋と識名平(沖縄県那覇市)

沖縄戦で琉球時代の面影がある場所はほとんどなくなったが、少しだけ残っているところもある。

首里にある金城町石畳道は有名で、狭い道を歩いてみると、コンクリートや車など技術がない時代を想像して思いをはせることができる。

首里城公園から石畳道に入って、そのまま道を下っていくと車が往来する道に突き当たり、道路を渡った先に小さな橋があるのだがあまり目立たない。

目立たない橋は「金城橋」というが、近くにある案内板を見て琉球の歴史が刻まれていることを知った。

“琉球の歴史を感じさせる金城橋(那覇市)” の続きを読む

眺めがいいという名護城跡へ行ってきた(名護市)

名護城公園にあるグスク跡

名護グスク
名護城跡へ続く階段(沖縄県名護市)

眺めがいいところと聞いて訪れてみたのが名護城跡。

訪れた当時は気づかなかったけど名護城跡は単体施設ではなく、名護城公園として整備されたエリア内にある施設となっている。

名護城公園はとても広くて、記事の場所は公式サイトのマップで説明すると、「歴史自然エリア」にある。

名護城跡へ行くために、神社の参道のように灯篭や鳥居のある階段を上がっていった。

“眺めがいいという名護城跡へ行ってきた(名護市)” の続きを読む

沖縄の焼物の歴史をたどる(那覇市)

壺屋にある「南窯(フェーヌカマ)」

南窯
南窯(沖縄県那覇市)

那覇市の壺屋は焼物の町として知られている。

国際通りに近いことから観光客に人気のエリアのひとつなのだが……

今は下火なのだろうか、それとも平日に訪れたからなのだろうか、壺屋やちむん通りは人の往来がなく閑散としていた。

今回はやちむん通りにある「 南窯 フェーヌカマ」を紹介し、時代が異なる写真も載せていく。

“沖縄の焼物の歴史をたどる(那覇市)” の続きを読む

那覇軍港内に琉球の歴史あり。御物城(那覇市)

御物城を望遠で撮ってみた

御物城
御物城(沖縄県那覇市)

沖縄には米軍の施設が点在しており、行った先で軍関係の施設を見かけるというのはよくあることだ。

軍施設なのでもちろん立ち入り禁止。中がどうなっているのかは軍関係者以外は見ることができない。

なので那覇軍港内にある御物城オモノグスクの存在もはじめは知らなかった。

存在を知ったのは、奥武山公園を訪れていて史跡案内板を読んだからだった。

奥武山公園から御物城がある場所は近いので、ついでだから足を延ばして見に行くことにした。

“那覇軍港内に琉球の歴史あり。御物城(那覇市)” の続きを読む

第二尚氏王統【琉球王】

第二尚氏王統(19代)

第二尚氏王統は19代続いている。
王に関連する伝承や史跡などをまとめてみた。

6つに分かれる琉球王統

天孫氏王統

舜天王統

英祖王統

察度王統

第一尚氏王統

第二尚氏王統

関連する記事

琉球の王統【琉球・沖縄の歴史】

王に関連する伝承や史跡などをまとめてみた

01 尚円

02 尚宣威

03 尚真

04 尚清

05 尚元

06 尚永

07 尚寧

08 尚豊

09 尚賢

10 尚質

11 尚貞

12 尚益

13 尚敬

14 尚穆

15 尚温

16 尚成

17 尚灝

18 尚育

19 尚泰

1代目:尚円(=金丸)

尚円しょうえん(=金丸かなまる)…1470年~1476年

金丸(=尚円)は伊是名島出身で先の王尚泰久(第一尚氏・6代目)に仕えていた。

玉陵
王家の墓所で、はじめは尚円の遺骨が安置されていたが、のちに歴代の国王や王族が葬られた。

天久宮(琉球八社)
琉球八社のひとつ天久宮は創建が1465年~1487年頃とあり、天久宮の由緒の中に尚円・尚宣威・尚真の名がある。

関連する記事

【世界遺産】琉球王の一族が眠る墓「玉陵」

琉球八社のひとつ「天久宮」へ行ってきた

2代目:尚宣威

尚宣威しょうせんい…1477年

尚宣威は、最高神女・聞得大君の抵抗に遭いすぐに王位を退いた。

天久宮(琉球八社)
琉球八社のひとつ天久宮は創建が1465年~1487年頃とあり、天久宮の由緒の中に尚円・尚宣威・尚真の名がある。

3代目:尚真

尚真しょうしん…1477年~1526年

那覇市に世界遺産となっている「玉陵」という史跡があるが、それは第二尚氏王統歴代の墓所である。
玉陵は、尚真が父「尚円」の遺骨を安置するために創建したといわれていて、のちは歴代の国王や王族が葬られた。
ただし、例外もあるようで「尚寧」は自らの意思で「浦添ようどれ」に葬られることを希望したという。

天久宮(琉球八社)
琉球八社のひとつ天久宮は創建が1465年~1487年頃とあり、天久宮の由緒の中に尚円・尚宣威・尚真の名がある。

4代目:尚清

尚清しょう★★…1527年~1555年

5代目:尚元

尚元しょう★★…1556年~1572年

6代目:尚永

尚永しょう★★…1573年~1588年

7代目:尚寧

尚寧しょうねい…1589年~1620年

浦添ようどれ(浦添市)
琉球王に関連するお墓。
右側…英祖王(英祖王統)の墓、左側…尚寧の墓とその一族が眠っているといわれている。

関連する記事

琉球の王が眠る墓「浦添ようどれ」(浦添市)

8代目:尚豊

尚豊しょう★★…1621年~1640年

9代目:尚賢

尚賢しょう★★…1641年~1647年

10代目:尚質

尚質しょう★★…1648年~1668年

11代目:尚貞

尚貞しょう★★…1669年~1709年

12代目:尚益

尚益しょう★★…1710年~1712年

13代目:尚敬

尚敬しょう★★…1713年~1751年

14代目:尚穆

尚穆しょう★★…1752年~1794年

15代目:尚温

尚温しょう★★…1795年~1802年

16代目:尚成

尚成しょう★★…1803年

17代目:尚灝

尚灝しょう★★…1804年~1834年

18代目:尚育

尚育しょう★★…1835年~1847年

19代目:尚泰

尚泰しょうたい…1848年~1879年

尚泰は琉球の最後の国王。
琉球藩の設置=琉球藩王に任命される

 


上記は見聞した伝承をまとめています。
いろんな伝承があるため、正誤が不明な部分もあります。

TOPページロゴ
TOPページ