最強といわれるトイレの神様(フール神)

魔物に追われたらトイレへ逃げろ【沖縄の民俗学】

家畜小屋
家畜小屋(南風原文化センター)

現在、日本は水洗トイレとなっているが、水洗トイレが普及する前までは、汲み取り式便所だった。

生活水準が上がるにつれてトイレも進化してきたが、トイレの歴史を調べてみると知らなかった事実が出てきて面白い。

今回は沖縄のトイレの歴史と民話を紹介していく。 “最強といわれるトイレの神様(フール神)” の続きを読む

【沖縄の怖い話】石枕にまつわる民話

日本各地にある類似の伝承

ランプA

日本各地には似たような伝承がある。

現在のようにテレビなど共通の媒体を通して全国に広がったのならわかるが、それがなかった琉球時代の民話に、海を隔てた地域と似たような話が残っているのはなぜだろう。

沖縄の怪談に東京で知った民話と似ている話があったので紹介していく。

“【沖縄の怖い話】石枕にまつわる民話” の続きを読む

【沖縄の怖い話】化けて人間を襲う「龕マジムン」

沖縄の民話にでてくる龕マジムン

ろうそく

むかしの人たちは、すべてのモノには霊魂が宿っているという精霊信仰を強くもっていた。

沖縄も精霊信仰があり、語り継がれている民話のなかには、モノが化けて人を襲ったという話がある。

精霊信仰が関係している民話はいくつかあるが、今回はその中の「龕マジムン」を紹介していく。

“【沖縄の怖い話】化けて人間を襲う「龕マジムン」” の続きを読む

木に五寸釘を打つのはなぜ?【沖縄の民俗学】

ガジュマルのキジムナー封じ

都市景観資源
崇元寺公園のガジュマル(沖縄県那覇市)

祖父母の家の庭にはガジュマルがあった。

幼い頃、そのガジュマルに登って遊んでいたが、ガジュマルには大きな釘が打ってあった。

その釘は五寸釘といえばサイズがわかりやすいかもしれない。

釘はガジュマルの幹に深く打ちこまれていて、子どもの力では引き抜くことはできなかった。

小さい頃は気にならなかったが、ある程度の年齢になると、なぜ木に釘を打っていたのか不思議に思うようになった。

まずは両親に、庭のガジュマルに釘が打たれているのはなぜかを尋ねてみた。

しかし両親はガジュマルに釘が打たれていたことすら気づいておらず、釘を打っている理由も知らなかった。

次に祖父に尋ねてみたところ、「ガジュマルにはキジムナーがいるから出てこないように木に釘を打つんだよ」と答えが返ってきた。

これまでそういう風習を知らなかったから驚き、うちには変わった風習があると思っていたが、調べてみると「キジムナー封じ」といわれていて、むかしからあったようだ。

私の周りではキジムナー封じを知る人が少なかったことから、現在はあまり知られていない沖縄の伝承で、今後はさらに知っている人が減っていくだろうと思った。

  • ガジュマル…クワ科の常緑樹。
  • キジムナー…沖縄に伝わっている妖怪。木の精霊ともいわれてる。
関連する記事

むかしから語られているキジムナー

わが家でのキジムナー封じのようす

  • 誰がキジムナー封じを行ったのかは不明
  • ガジュマルの幹に五寸釘のような大きな釘が打ちこまれている
  • 2cmくらい離れた場所にもう一本、つまり合計2本打たれていた

キジムナー封じがされていたガジュマルだが、枯れてしまったので今はもうない。

ガジュマルは生命力が強い木なので、枯れてしまったと知ったときは驚いたが、キジムナー封じをしたことが原因なのだろうか。

【沖縄の怖い話】ネコにまつわる民話

猫にまつわる沖縄の怖い民話

ろうそく
 

愛玩動物として古来から人気のあるネコ。

古い書物に登場したり、日本画に描かれていたりする身近な動物だが、ネコはイヌほど人に忠実ではなく、ミステリアスなところがあるせいか怪談話を聞くことがある。

沖縄にもネコにまつわる民話があるので、似たような内容の話を二つ紹介していく。

“【沖縄の怖い話】ネコにまつわる民話” の続きを読む