パワースポットなの?沖縄の「御嶽」って何?【沖縄の民俗学】

パワースポットといわれる沖縄の聖地

浜川御嶽
沖縄にある聖地

「沖縄の御嶽はパワースポットだ」と言って訪れる人を見かけるようになった。

パワースポットという単語を調べてみると、人を癒す場所・不思議な力が得られる場所などいろんな意味があるようだ。

そういう不思議な力を求めて来訪者が多いようだが、そもそも沖縄にある御嶽ってなに?と疑問がわいたので自分なりに調べてみた。

“パワースポットなの?沖縄の「御嶽」って何?【沖縄の民俗学】” の続きを読む

【島たび】沖縄本島から25分で行ける久高島へ行ってきた

半日ツアーを利用して久高島をめぐってみた(南城市)

イシキ浜
イシキ浜(久高島)

神の島といわれている久高島は沖縄では最高峰の聖地として知られている。

「島へ来る人は島が選ぶ」という類の話を耳にする神秘の島で、これまで久高島へ行くのは尻込みしていた。

また島には聖地があちこちあるようで、知らずに拝所などへ入ってしまわないかなど気にかかることもあって躊躇していた。

しかし、ひょんなことから島の人を紹介してもらい久高島を案内してもらえることになったので、半日ツアーで久高島をめぐってみた。

“【島たび】沖縄本島から25分で行ける久高島へ行ってきた” の続きを読む

【沖縄の怖い話】葬式の後

葬式後の不思議な出来事

サトウキビ畑
 

幼少の体験なので、細かいことは覚えていない。
でも、親に叱られたことがショックで大人になっても記憶に残っている不思議な出来事がある。

子どものときに隣家で葬式があった。

田舎だったので当時は自宅で葬儀を行なっていたが、私は幼かったため親が式に参列させなかった。
朝から大人たちが忙しくしていたので、何かあったことには気づいていたが、あとで隣り家族のお兄さんが亡くなったと聞かされた。

翌日、隣りの家に住む友人(弟)がいつものように家へ遊びに来た。

“【沖縄の怖い話】葬式の後” の続きを読む

【沖縄の怖い話】泊まりたくない部屋

引っ越し先のアパート

ランプA
 

「引っ越しした部屋が×××だった!」という怪談話はよく聞くが、それを身近な人から聞くとは思わなかった…

しかし、この友人の場合は、オチがちょっと変わっていた。

環境が変わる引っ越しは、慣れていない人にとっては、大変なことだと思う。
しかし、私の場合は、これまで引っ越しを何度か経験しているので、新しい環境への適応力があり、なじめなくて困ることはなかった。

今回も条件に合う複数のアパート物件を探し、いろいろ比較してみて気になった部屋があったので、不動産に連絡して部屋の下見に行った。
案内された部屋は、室内に窓からの光が入って明るく、角部屋だし家賃の条件もよかったので、すぐに入居を決めた。

自分で決めた部屋だったが、なぜだか泊まりたくなくて、荷物の移動をしていた間は、前のアパートで眠っていた。
いよいよ部屋を引き払う日が来て、ついに新居へ移った。

引っ越す前は、泊まりたくないと思っていたが、住み始めると仕事の忙しさもあって気にならなくなったが、数日くらい経って変な夢を見た。

“【沖縄の怖い話】泊まりたくない部屋” の続きを読む

沖縄で最大最古といわれている石獅子(八重瀬町)

富盛の石彫大獅子

富盛の石彫大獅子
富盛の石彫大獅子(八重瀬町)

富盛の石彫大獅子は、ほかの市町村からも知られている村落獅子だ。

伝説によると、富盛の石獅子の近くにある八重瀬岳(今の八重瀬公園あたり)は、強い力がある場所といわれていて、その力のせいで富盛のムラは、たびたび火災が発生したという。

その厄除け獅子として造られたのが富盛の石彫大獅子で、石獅子を置いたところ、火災が止んだということから、ほかの市町村へも厄除け用の石獅子づくりが広がっていったとのことだ。

“沖縄で最大最古といわれている石獅子(八重瀬町)” の続きを読む

【沖縄の怖い話】線香のにおい

微かに香る線香のニオイ

ランプB
 

死のニオイを感じとれる人がいると言ったら信じるだろうか。

この話をした本人は、気のせいかもしれないし、偶然かもしれないと言っていたが、私の感想としては偶然ではない…と思う。

– 初体験 –

初めて経験したのは職場だ。
パソコンを使って作業していると、線香のニオイがしてきた。
職場で線香のニオイがするなんて珍しいなと思いながらも仕事を続けていた。
漂うニオイを嗅いでいると、少し変わった点があることに気づいた。
線香のニオイは、火をつけたときのように、ハッキリとしたものではなく、服についているような細い香りで、今にも消えそうなものだった。
そのため、社員の誰かが自宅で線香を使ったときの移り香で、すぐにニオイはなくなるだろうと思った。
しかし、しばらく経っても線香のニオイは消えずに漂っている――。
これはいくらなんでもほかの人も不思議に感じているだろうと思い、反応を見るため、顔を上げて周りを見回すと、みんな無反応だった。
とても微かなニオイだったので、やっぱり自分の勘違いか…と片付けて仕事に戻ったが、ニオイは消えない。
あまりにも不思議だったので、思い切って隣の席にいた社員に線香のニオイがしなかったか尋ねてみた。
すると、変な顔をして線香のニオイなんてしないと答えが返ってきた。
このやりとりから、会社で線香のニオイはあり得ない、やっぱり自分の気のせいと結論づけ、そのまま仕事を続けた。
このときはこれだけだった。

– 数年後 –

次に経験をしたのは、初体験から何年も経ってからだ。
このときも仕事中で、前回とまったく同じことが起きた。
仕事をしていると、また微かに線香のニオイが漂ってきた。
前回は「気のせい」と片付けていたので、再び起きた現象に驚いて周りの反応を見てみたが、やっぱりほかの人は無反応だった。
二度目だったので、どうやら自分以外には気づかないモノらしい…と割り切り、仕事を続けた。
線香の香りは、しばらく漂っていたが、仕事に集中しているうちに気にならなくなり、気がつくといつの間にかニオイは消えていた。
このニオイがあった日から約一週間後に、上司の家族が亡くなったと聞かされた。

– あることに気付く –

また、線香のニオイがした。これで三度目だ。
友人と話をしていると、微かに線香のニオイがし始めた。
もう三度目だったので驚くことはなかったが、なぜほかの人には匂わないのだろう…と思いながらも、あまり深く考えずに会話を続け、その日はそのまま別れた。
後日、友人の家族が病気で倒れ、数か月後に亡くなった。

この三度目の経験から、線香のニオイは人の死と関係するかも…と考えるようになった。
理由は2つあって、一つは、微かに香る線香のニオイは、葬儀に参加したときに嗅いだことのあるニオイで、香りがしたときは葬式を連想すること。
もう一つは、線香のニオイがした後は、誰かが亡くなるという共通点があったこと。
単なる偶然かもしれないが、あり得ないところで線香のニオイがする場合は、なにかトクベツなものなのかもしれない。


この話を聞いた後、同じような事例がないか、インターネットなどで調べてみた。

すると、似たような体験談を書いた記事もあり、線香に関しては今回の話のように「死」を意味すると解釈しているものが多く、「死後に訪れてきた」という説や、「『虫の知らせ』のような死の予兆」という説も見かけた。

ほかにも「花のような匂い」「腐ったものの匂い」など、周囲の人には匂わないモノを感じ取っている人もいるらしいと知った。

一人の人が言っても虚言にしか思えないが、複数の人が似たような話をしている点が興味深いと印象に残った話だった。

ちなみに、この話をした人だが、線香のニオイが頻繁にするわけではなく、ふいに発生する現象とのこと。

毎日不可解な現象に悩まされるわけではないので、「やっぱり気のせいだったかも」と流している。

それでも数回同じようなことが起きれば偶然とは思えないのは私だけだろうか?

【沖縄の怖い話】「視える」と「聴こえる」

–はじめに–
この話は場所や人物が特定されないように編集した部分もあるが、実際に見聞したことをまとめたものである。

「視える」と「聴こえる」

サトウキビ畑
サトウキビ畑

IとZは同級生だ。

いつも学校で一緒に行動していたが、学校が休みに入ったので、外で待ち合わせをして会っていた。

待ち合わせの場所はだいたい決まっていた。

学生だった二人はカフェなどへは行かず、公園を利用していて、そこでおしゃべりをしていた。

ふだんは、映画の感想やバイト先のことなど、学生特有のたわいのない話が多いが、たまにIは怪談をすることがあった。

Iは不可解な出来事の話や都市伝説、怖い話などが好きで、どこからか話を聞いてきては「こんな話を聞いたよ」と、Zに話したりしていた。

Iは今回もどこからか仕入れてきた怖い話をZに話した。

話が終わって、Iはこう締めくくった。

「やっぱり幽霊が視える人って大変だよね。生活していて見えていたら恐ろしくて耐えられないよ。私は幽霊が見えなくてよかった」

ZはIの話をうなずきながら聞いていた。

いつもは「怖い話だね」など、ひと言で終わるのだが、今回は珍しくZはIにこう質問してきた。

「じゃあ、視えるだけと聴こえるだけって、どっちが怖いかな」

そして次のように話し出した。

“【沖縄の怖い話】「視える」と「聴こえる」” の続きを読む

霊魂には「生霊」と「死霊」がある【沖縄の民俗学】

沖縄の霊魂に関する考え方 その2

~琉球おきなわ民俗学(わが家での場合)~

別の記事で「沖縄の霊魂に関する考え方」の基本的なことを書いたが、今回は霊魂(=マブイ)について、もう少し詳しく書いてみた。

イチマブイとシニマブイ

日本でよく聞く怖い話の類では、幽霊が祟ってでてくることが多い。

その幽霊は、突然現れたと思ったら煙のように消えた…など、物体(肉体)のない霊魂の状態が基本としてあり、これは沖縄でも同じような考え方だ。

「霊魂」にフォーカスをあてると、まず沖縄では魂のことを方言で「マブイ」という。

このマブイは二通りに分けて考えられていて、生きている人の魂は「イチマブイ(=生霊)」、そして死者の魂は「シニマブイ(=死霊)」と区別している。

“霊魂には「生霊」と「死霊」がある【沖縄の民俗学】” の続きを読む

金武観音寺と金武宮【金武町の名所】

琉球八社のひとつ「金武宮」

「安里八幡宮」「天久宮」「沖宮」「金武宮」「識名宮」「末吉宮」「波上宮」「普天間宮」を琉球八社という。

琉球八社は琉球王府の庇護があったこともあり、沖縄県内でも知られていて参拝者も多い。

この記事では「金武宮きんぐう」を紹介している。

金武観音寺
金武観音寺(沖縄県金武町)

金武観音寺は、一度全焼したことがあり再び建築されている。

しかし、沖縄戦の戦火では焼失しなかった貴重な木造建造物で、赤瓦屋敷の沖縄らしいたたずまいに魅力がある。

“金武観音寺と金武宮【金武町の名所】” の続きを読む

沖縄の霊魂に対する考え方【沖縄の民俗学】

~琉球おきなわ民俗(わが家での場合)~

「沖縄の人は、幽霊や妖怪など不思議なことに対して他県より興味をもっている人が多い」
「幽霊がいるって信じている人が多い」
「聖地とか多くて、信仰している人がたくさんいる」

――など、言われたことがある。
沖縄で生活していると「日常」なので気づかないが、そう話す人もいるから、他県とは違うのかもしれない。

そこから沖縄の文化に興味を持ち始めて、「霊魂」に関する記事を書いてみた。

人は「身体」と「魂」が揃ってから本来のカタチになる

沖縄では、人は肉体と魂の二つから成っているという考えがある。

「魂」というと、とらえにくい感じがするが、肉体と精神(または思考)に置き換えれば、わかりやすいかもしれない。

ここまでは「ほかでも聞いたことがある話だな」となるが、沖縄独特と思えるのは、ここから先の考え方だ。

まず、人が生活するには、身体と魂が一緒に行動している状態を健全としている。

ところが、魂というのは驚いたときや精神的なショックを受けたときに、身体を離れてしまうことがあるというのだ。

通常だと、身体から離れた魂は自力で戻ってくるので、再び肉体と一緒に行動するようになり、元の状態へ戻るから過剰に心配することはない。

しかし例外もあって、魂が自力で戻るのが難しかったりすると、魂が身体から離れたままの状態になってしまうことがある。

では、魂が不完全のままだとどうなるのかというと、体調を崩してしまったり、病気になってしまったり。ぼんやりとして心ここにあらずといった状態になったりする。

この魂が身体にちゃんと戻っていない状態を、沖縄では「マブイ(=魂)を落としている」といって、人にはよくない状況としている。

そのため、健全な状態に戻すため「マブイグミ」といって、戻ってこない魂を元の身体へ戻す呪術を行ない、身体と魂を一緒にして、本来の形に戻すようにする、ということが今でも行われている。

とくに子どもはマブイを落としやすいため、家族は子どもの様子に変わったことはないかと日頃から注意している。

このような考えが日常にあり、ほかの家庭でも同じことを聞いたことがあるので、沖縄では一般的なことと思ってもいいようだ。

マブイ

沖縄のマブイに対する考え方が気になって、沖縄の民俗について書いてある古い本も調べてみた。

すると、古い民俗関連の本のなかにも、同じようなことが書かれていて、むかしも今も沖縄の人たちの霊魂(=マブイ)に対する考え方は変わってないことがわかった。

沖縄にはマブイに関する伝承はいろいろあるので、少しずつ記事にしていく予定だ。

沖縄の方言

マブイ…魂または霊魂。