【島たび】平安座島・浜比嘉島・宮城島・伊計島(うるま市)

海中道路でつながる4島

海中道路
海中道路(沖縄県うるま市)

うるま市の勝連半島からのびる「海中道路」は、長さが4240mあり、海の上を走るからドライブコースにおススメだ。

かつては離島だった「平安座島」「浜比嘉島」「宮城島」「伊計島」の4島は、それぞれの島に架かる橋を使って、沖縄本島から車で行くことができるようになっている。

海中道路にある、あやはし館

海中道路
海の駅あやはし館(沖縄県うるま市)

海中道路の途中には、おみやげの販売や食事処、休憩所などもかねている「あやはし館」がある。

ここで車を停めて、海を眺めたり、海岸をゆっくり散策してみるのもいいかもしれない。

【こぼれ話】1970年代の4離島

海中道路
4離島だったとき(沖縄県うるま市)

上の写真は、わが家のアルバムにスクラップされていた1970年頃の4島のようすで、場所は不明だ。
この写真を見ると、橋が架かるまでは離島だったため、遊覧船を使った観光も行っていたようだ。

海中道路周辺の地図

うるま市の海中道路
海中道路の周辺地図

■海中道路(うるま市)までの距離(車の場合)
・うるま市役所…約11km(20分)
・那覇空港…約38km(1時間07分)
・沖縄県庁…約33.7km(1時間)

平安座島

石油基地
石油基地(平安座島|沖縄県うるま市)

平安座島へんざじまは、海中道路を渡って最初に着く島だ。

島の大半が大きな石油タンクで占められているので、石油基地ともいわれている。

堤防アート(平安座島)

堤防アート
堤防アート(平安座島|沖縄県うるま市)

平安座島の名物のひとつに、海岸沿いにのびる道路とその堤防に描かれている絵がある。

堤防アートが続く道は見事なまでにストレートとなっているので、走っていると気持ちがいい。

【こぼれ話】沖縄にある堤防アート

堤防アート
堤防アート

沖縄をドライブしていると、堤防に描かれている絵のなかに目を引くものがあったりする。
絵にはリアルなものから面白いものまであり、ドライブを楽しいものにしてくれる。

宮城島

果報バンタ
果報バンタ(宮城島|沖縄県うるま市)

宮城島みやぎじまは、平安座島から橋を渡ると到着するが、2島をつないでいる橋の長さがあまりにも短いので、島へ渡った感がなく、あとで気づくくらいだ。

宮城島には、無料で見学ができるファクトリーがあったり、その近くの「果報バンタ」という景勝地が観光地として知られている。

伊計島

タバコの花
タバコの花(伊計島)

伊計島いけいじまは、4島のなかでも一番離れにある島だ。

宮城島から伊計大橋を渡ると伊計島へ着くが、遺跡が復元展示されていたり、伊計島灯台があったりする。

伊計島灯台(伊計島)

伊計島灯台
伊計島灯台(うるま市)

灯台周辺は雑木林になっていた。

伊計島には毒蛇ハブがいるので、むやみに林に入らないほうがいい。

浜比嘉島

夕焼け
海岸の夕焼け(浜比嘉島)

浜比嘉島はまひがじまは、平安座島からのびる浜比嘉大橋を渡って島へ向かう。

『琉球神話』にゆかりのある島で、神話にまつわる聖地には今でも多くの人が訪れる。

関連する記事

【島たび】海中道路でつながる浜比嘉島


沖縄本島と橋でつながり、離島ではなくなったけど、平安座島・宮城島・伊計島・浜比嘉島には、離島で感じる島時間が流れている。

島には史跡や伝承などが多くあるようなので、そのうち別の記事でまとめるつもりだ。

関連する記事

【島たび】沖縄本島から1時間以内で行ける日帰り可能な離島
船で1時間以内に行ける「日帰り」可能な島を紹介した記事

沖縄県にある灯台
灯台を写真一覧でまとめた記事

【危険回避】沖縄旅行を満喫するために知っておくべきこと
毒蛇ハブの対処法などを紹介した記事

観光情報についての参考サイト

いいなぁうるま市
うるま市観光商工課のサイト

うるま~る
うるま市観光物産協会のサイト

うるま時間
うるま市の観光サイト

うるま市
公式サイト