ウシ同士の真剣な闘いに熱くなる沖縄の闘牛【ショート動画あり】

【ショート動画】ウシオーラセー

動画の概要 ※音あり(音声「VOICEVOX:後鬼」)
 ウシオーラセー(読谷村)

【ショート動画】沖縄の闘牛【日本の魅力を紹介】

雄牛の闘いは迫力がすごい! 見た者を魅了していくウシオーラセー

闘牛
闘牛(沖縄県読谷村)

ヒトとウシが闘う闘牛はニガテだけど、沖縄で行われる闘牛は胸が熱くなる。

沖縄では闘牛のことを「ウシオーラセー」と呼ぶ。

ウシオーラセーは闘争心から始まる闘いで、闘志みなぎる雄牛が頭を突き合わせるスタイルになっている。

力比べというシンプルな闘いは、勝者が決まればすぐに終了する。また相手の雄牛が闘争心を失って逃げると勝負が決まる。

勝利した雄牛はとても誇らしげで、敗者となった雄牛も熱い闘いをしたことからみなが拍手を送る。

雄牛の真剣勝負に観客は魅了され、一度見ただけでファンになる人もいる。

ウシオーラセーは定期的に大会が行われるくらい人気がある。機会があればなかなか見ることができない闘牛を観戦してみるのもいいかもしれない。

関連する記事

牛同士が闘う沖縄の闘牛

熱いファンが多い「ウシオーラセー」

【YOUTUBEチャンネル】 ※動画が見れなかった場合

琉球おきなわ説話@ryukyuokinawa
https://www.youtube.com/@ryukyuokinawa

YouTubeショート動画サムネイル「ウシオーラセー」
ウシオーラセー(沖縄県)
TOPページロゴ
TOPページ

史跡が多い奥武山に鎮座する沖宮【ショート動画あり】

【ショート動画】霊峰に鎮座している沖宮

動画の概要 ※音あり(音声「VOICEVOX:九州そら」)
 沖宮(那覇市)

【ショート動画】琉球八社の沖宮【日本の魅力を紹介】

沖宮の近くにはあの魔物伝説をもつ森もある

沖宮
沖宮(沖縄県那覇市)

奥武山といえば奥武山公園が思い浮かぶ。

公園は武道館や陸上競技場などスポーツ施設がそろっており、自由にウォーキングできるので普段から利用者は多い。そんな奥武山公園内に沖宮は鎮座している。

現在はスポーツ関連の場所として奥武山は有名だけど、かつては島だったエリアだ。琉球八社のひとつ沖宮は、島の霊峰にあたる位置に建てられている。

陸続きになっていて島だったころの面影はないけど、沖宮周辺には史跡が点在している。

魔物といわれて恐れられていたガーナー森も近くにあるので、周囲を散策してみると、沖縄の歴史を知ることができるかもしれない。

関連する記事

赤瓦の社殿が沖縄らしくていい沖宮

【YOUTUBEチャンネル】 ※動画が見れなかった場合

琉球おきなわ説話@ryukyuokinawa
https://www.youtube.com/@ryukyuokinawa

YouTubeショート動画サムネイル「沖宮」
沖宮(沖縄県那覇市)
TOPページロゴ
TOPページ

世界遺産の首里城は日没後も魅力的【ショート動画あり】

【ショート動画】首里城から見る那覇の夜景

動画の概要 ※音あり(音声「VOICEVOX:No.7」)
 首里城(那覇市)

【ショート動画】世界遺産の首里城【日本の魅力を紹介】

那覇の街が一望できるビュースポット!

首里城
守礼門(首里城|沖縄県那覇市)

世界遺産に登録されている首里城はきれいに整備されて公園になっている。

首里城は琉球の歴史に欠かせないグスクで王が居住していた琉球の中心地だ。

何度か焼失していることは知っていたけど、2019年10月に火災で正殿が焼失してしまったときはかなりショックを受けた。

被害はかなり大きくて現在も復元作業は続いており、沖縄のシンボル的な存在の首里城の再建を多くの人が待ち望んでいると思う。

ショート動画は火災以前の首里城。

大好きな場所だから何度も訪れていて写真を撮っていた。そこでブログに掲載していない画像を使って動画にしてみた。

わが家では首里城を聖地としており、聖地巡礼してきた歴史がある。先祖も見てきた首里城の雄姿を早く取り戻してほしいと動画をつくっていて思った。

関連する記事

世界遺産「首里城跡」から夜景をみる

世界遺産 首里城へ行ってきた

【YOUTUBEチャンネル】 ※動画が見れなかった場合

琉球おきなわ説話@ryukyuokinawa
https://www.youtube.com/@ryukyuokinawa

YouTubeショート動画サムネイル「首里城」
夜の首里城(沖縄県那覇市)
TOPページロゴ
TOPページ

かつて離島だった島は橋を渡って楽に行ける【ショート動画あり】

【ショート動画】海中道路を使って4つの島めぐり

動画の概要 ※音あり(音声「VOICEVOX:春日部つむぎ」)
 海中道路(うるま市)

【ショート動画】海中道路(うるま市)【日本の魅力を紹介】

もともと離島だった平安座島・浜比嘉島・宮城島・伊計島

海中道路
海中道路(沖縄県うるま市)

沖縄には小さな島がたくさんある。以前は島だったけど橋を架けることで島と島がつながったところはわりとある。

例をあげると、うるま市にある平安座島・浜比嘉島・宮城島・伊計島。

地図を見たときに海の部分に「海中道路」という不思議な名前を見て、島の名前を知るきっかけになった人は多いと思うが、4島はもともと離島だった。

念のため海中道路だけど、海の中にある道路ではない。トンネルでもなくて海の上に伸びる橋のことだ。沖縄本島から平安座島に長い橋が架かっており、さらに3つの島も橋でつながっている。

海中道路を使えば4つの島は車で気軽に訪れることができるので、島ドライブをしてみるのもいいかもしれない。

関連する記事

【島たび】平安座島・浜比嘉島・宮城島・伊計島(うるま市)

【YOUTUBEチャンネル】 ※動画が見れなかった場合

琉球おきなわ説話@ryukyuokinawa
https://www.youtube.com/@ryukyuokinawa

YouTubeショート動画サムネイル「海中道路」
海中道路(沖縄県うるま市)
TOPページロゴ
TOPページ

グスク以外にも名所あり。松林も見ごたえがある座喜味城跡【ショート動画あり】

【ショート動画】松林が美しい座喜味城跡

動画の概要 ※音あり(音声「VOICEVOX:小夜/SAYO」)
 座喜味城跡(読谷村)

【ショート動画】世界遺産の座喜味城跡【日本の魅力を紹介】

座喜味城跡付近もだいぶ変わったらしい

座喜味城跡(世界遺産)
座喜味城跡(沖縄県読谷村)

沖縄の観光地は変化が早く、新しい施設ができていたり、リニューアルされていたりと様変わりしていることが多い。

再訪するとあまりの変わりように記憶がついていけず、日本の童話に登場人物する『浦島太郎』もこんな気分なんだろうなと思うことが多々ある。

座喜味城跡周辺もだいぶ変わっていて、村立歴史民俗資料館がユンタンザミュージアムにリニューアルされているが、まだ訪れることができずにいる。

沖縄は島だけど面積があり、数日間の滞在で行ける場所は限られている。行きたいところはたくさんあるけど、なかなか思うように達成できなくて歯がゆい思いをしている。

ひさしく読谷村に訪れていないので情報収集して新発見してみたい。

関連する記事

【世界遺産】座喜味城跡(読谷村)

沖縄本島にある9つの世界遺産

【YOUTUBEチャンネル】 ※動画が見れなかった場合

琉球おきなわ説話@ryukyuokinawa
https://www.youtube.com/@ryukyuokinawa

YouTubeショート動画サムネイル「座喜味城跡」
座喜味城跡(沖縄県読谷村)
TOPページロゴ
TOPページ