木に五寸釘を打つのはなぜ?【沖縄の民俗学】

ガジュマルのキジムナー封じ

都市景観資源
崇元寺公園のガジュマル(沖縄県那覇市)

祖父母の家の庭にはガジュマルがあった。

幼い頃、そのガジュマルに登って遊んでいたが、ガジュマルには大きな釘が打ってあった。

その釘は五寸釘といえばサイズがわかりやすいかもしれない。

釘はガジュマルの幹に深く打ちこまれていて、子どもの力では引き抜くことはできなかった。

小さい頃は気にならなかったが、ある程度の年齢になると、なぜ木に釘を打っていたのか不思議に思うようになった。

まずは両親に、庭のガジュマルに釘が打たれているのはなぜかを尋ねてみた。

しかし両親はガジュマルに釘が打たれていたことすら気づいておらず、釘を打っている理由も知らなかった。

次に祖父に尋ねてみたところ、「ガジュマルにはキジムナーがいるから出てこないように木に釘を打つんだよ」と答えが返ってきた。

これまでそういう風習を知らなかったから驚き、うちには変わった風習があると思っていたが、調べてみると「キジムナー封じ」といわれていて、むかしからあったようだ。

私の周りではキジムナー封じを知る人が少なかったことから、現在はあまり知られていない沖縄の伝承で、今後はさらに知っている人が減っていくだろうと思った。

  • ガジュマル…クワ科の常緑樹。
  • キジムナー…沖縄に伝わっている妖怪。木の精霊ともいわれてる。
関連する記事

むかしから語られているキジムナー

わが家でのキジムナー封じのようす

  • 誰がキジムナー封じを行ったのかは不明
  • ガジュマルの幹に五寸釘のような大きな釘が打ちこまれている
  • 2cmくらい離れた場所にもう一本、つまり合計2本打たれていた

キジムナー封じがされていたガジュマルだが、枯れてしまったので今はもうない。

ガジュマルは生命力が強い木なので、枯れてしまったと知ったときは驚いたが、キジムナー封じをしたことが原因なのだろうか。

「魚市場いちわ」でランチ【伊良部島】

魚市場いちわ(宮古島市)

魚市場いちわ
魚市場いちわのランチ(伊良部島)

宮古諸島を旅行中、ランチをとるために伊良部島にある「魚市場いちわ」を訪れた。

店のランチタイムは11:00~15:00となっていて、13:30くらいに訪れたが品切れになっている料理もあった。

“「魚市場いちわ」でランチ【伊良部島】” の続きを読む

天然のプールとなるイムギャーマリンガーデン【宮古島】

イムギャーマリンガーデン(宮古島市)

イムギャーマリンガーデン
イムギャーマリンガーデン(沖縄県宮古島市)

沖縄は周囲がサンゴ礁で囲まれているため、潮が引くとタイドプール(潮だまり)ができる場所があちこちにある。

タイドプールは波が入ってこないので潮流がなく、初心者でも泳ぎやすく、シュノーケルに向いている。

宮古島にあるイムギャーマリンガーデンも天然の巨大なプールとなっていて、透明度がかなり高いから泳ぐと気持ち良さそうだ。

“天然のプールとなるイムギャーマリンガーデン【宮古島】” の続きを読む

【沖縄の怖い話】ネコにまつわる民話

猫にまつわる沖縄の怖い民話

ろうそく
 

愛玩動物として古来から人気のあるネコ。

古い書物に登場したり、日本画に描かれていたりする身近な動物だが、ネコはイヌほど人に忠実ではなく、ミステリアスなところがあるせいか怪談話を聞くことがある。

沖縄にもネコにまつわる民話があるので、似たような内容の話を二つ紹介していく。

“【沖縄の怖い話】ネコにまつわる民話” の続きを読む

具志川城跡(糸満市)

沖縄本島の最南端にあるグスク「具志川城跡」

具志川城跡
具志川城跡(沖縄県糸満市)

沖縄にはグスクは多数あるが、石垣の一部のみ残っていたり、手入れがあまり行なわれず雑木林の中などに埋もれてしまったりして、知られていないグスクが多い。

糸満市にある具志川城跡は、世界遺産には登録されていないが、定期的に整備されているグスクなので見学におすすめだ。
“具志川城跡(糸満市)” の続きを読む

店内の雰囲気がいい「山の茶屋 楽水」(南城市)

「山の茶屋 楽水」でランチを楽しむ

山の茶屋 楽水
山の茶屋 楽水(沖縄県南城市)

「雰囲気のいいお店がある」と言われて訪れたのが南城市にある「山の茶屋 楽水」。

駐車場からお店を見ると、雑木林の中に建物が半分埋もれている感じだった。
“店内の雰囲気がいい「山の茶屋 楽水」(南城市)” の続きを読む

世界に2つしかないという塩川(本部町)

国指定天然記念物 塩川

塩川
塩川(沖縄県国頭郡本部町)

本部半島の国道449号線をドライブしていると、「天然記念物 塩川」という案内標識が出てきて、近くにはバス停のように脇へ寄れるスペースが設けられている。

ちょっとわかりにくいけど車道から中へ入ることができ、そこには駐車できるスペースが用意されている。

近くに案内板があり、よく見ると林の奥へと続く歩道があることに気づく。

一見するとただの小さな川が流れているだけだが、実はこの場所は世界に2か所しかない貴重な湧き水だ。

“世界に2つしかないという塩川(本部町)” の続きを読む

【沖縄の野生動物】奥武山公園にいるカニ(那覇市)

謎の穴の主はオカガニ

奥武山公園
壺川駅から見た奥武山公園(沖縄県那覇市)

奥武山公園は、スポーツ施設が揃っていてランニングコースもあるため、スポーツを楽しむ地元の人たちの姿を見かける。

公園の横には国場川が流れていて、園内は車が通らないことから散歩にも向いている。

ミナミオカガニ
ミナミオカガニ(奥武山公園)

奥武山公園を散歩していると草地に穴があることに気づいた。

穴のサイズは5cm以上あり、周囲の草地をよく見てみると穴はあちこちにある。

穴の中にはどんな生きものがいるのか気になったので観察してみた。

“【沖縄の野生動物】奥武山公園にいるカニ(那覇市)” の続きを読む

サムズマウイ 久茂地店(那覇市)

パフォーマンスが見物のステーキレストラン

サムズマウイ
サムズマウイ 久茂地店(沖縄県那覇市)

サムズグループは老舗のステーキレストランで県内に複数の店舗がある。

お店によって内装が異なっていて、訪れる楽しみをもたせるという工夫がされている。

今回はポリネシア調になっているサムズマウイ久茂地店を利用してみた。

“サムズマウイ 久茂地店(那覇市)” の続きを読む