【豊見城市の石獅子】根差部のシーサー

ガーナー森に対抗する根差部のシーサー

根差部のシーサー
根差部のシーサー(沖縄県豊見城市)

『豊見城市 観光ガイドブック』を入手し、そこに掲載されていた「まちなかのシーサー」で根差部のシーサーの存在を知り、探しに行った。

観光ガイドブックには地図もついていたけど、大まかなものだったので参考程度にしかならなかった。

そこでネットで情報収集し、場所の詳細を調べていたから無事に石獅子のもとへたどりついた。

“【豊見城市の石獅子】根差部のシーサー” の続きを読む

第二尚氏王統【琉球王】

第二尚氏王統(19代)

第二尚氏王統は19代続いている。
王に関連する伝承や史跡などをまとめてみた。

6つに分かれる琉球王統

天孫氏王統

舜天王統

英祖王統

察度王統

第一尚氏王統

第二尚氏王統

関連する記事

琉球の王統【琉球・沖縄の歴史】

王に関連する伝承や史跡などをまとめてみた

01 尚円

02 尚宣威

03 尚真

04 尚清

05 尚元

06 尚永

07 尚寧

08 尚豊

09 尚賢

10 尚質

11 尚貞

12 尚益

13 尚敬

14 尚穆

15 尚温

16 尚成

17 尚灝

18 尚育

19 尚泰

1代目:尚円(=金丸)

尚円しょうえん(=金丸かなまる)…1470年~1476年

金丸(=尚円)は伊是名島出身で先の王尚泰久(第一尚氏・6代目)に仕えていた。

玉陵
王家の墓所で、はじめは尚円の遺骨が安置されていたが、のちに歴代の国王や王族が葬られた。

天久宮(琉球八社)
琉球八社のひとつ天久宮は創建が1465年~1487年頃とあり、天久宮の由緒の中に尚円・尚宣威・尚真の名がある。

関連する記事

【世界遺産】琉球王の一族が眠る墓「玉陵」

琉球八社のひとつ「天久宮」へ行ってきた

2代目:尚宣威

尚宣威しょうせんい…1477年

尚宣威は、最高神女・聞得大君の抵抗に遭いすぐに王位を退いた。

天久宮(琉球八社)
琉球八社のひとつ天久宮は創建が1465年~1487年頃とあり、天久宮の由緒の中に尚円・尚宣威・尚真の名がある。

3代目:尚真

尚真しょうしん…1477年~1526年

那覇市に世界遺産となっている「玉陵」という史跡があるが、それは第二尚氏王統歴代の墓所である。
玉陵は、尚真が父「尚円」の遺骨を安置するために創建したといわれていて、のちは歴代の国王や王族が葬られた。
ただし、例外もあるようで「尚寧」は自らの意思で「浦添ようどれ」に葬られることを希望したという。

天久宮(琉球八社)
琉球八社のひとつ天久宮は創建が1465年~1487年頃とあり、天久宮の由緒の中に尚円・尚宣威・尚真の名がある。

4代目:尚清

尚清しょう★★…1527年~1555年

5代目:尚元

尚元しょう★★…1556年~1572年

6代目:尚永

尚永しょう★★…1573年~1588年

7代目:尚寧

尚寧しょうねい…1589年~1620年

浦添ようどれ(浦添市)
琉球王に関連するお墓。
右側…英祖王(英祖王統)の墓、左側…尚寧の墓とその一族が眠っているといわれている。

関連する記事

琉球の王が眠る墓「浦添ようどれ」(浦添市)

8代目:尚豊

尚豊しょう★★…1621年~1640年

9代目:尚賢

尚賢しょう★★…1641年~1647年

10代目:尚質

尚質しょう★★…1648年~1668年

11代目:尚貞

尚貞しょう★★…1669年~1709年

12代目:尚益

尚益しょう★★…1710年~1712年

13代目:尚敬

尚敬しょう★★…1713年~1751年

14代目:尚穆

尚穆しょう★★…1752年~1794年

15代目:尚温

尚温しょう★★…1795年~1802年

16代目:尚成

尚成しょう★★…1803年

17代目:尚灝

尚灝しょう★★…1804年~1834年

18代目:尚育

尚育しょう★★…1835年~1847年

19代目:尚泰

尚泰しょうたい…1848年~1879年

尚泰は琉球の最後の国王。
琉球藩の設置=琉球藩王に任命される

 


上記は見聞した伝承をまとめています。
いろんな伝承があるため、正誤が不明な部分もあります。

TOPページロゴ
TOPページ

大量の水をたたえるウッカガー(金武町)

きれいな湧水「ウッカガー」へ行ってきた

ウッカガー(金武大川)
ウッカガー(沖縄県金武町)

ダムもなく水道もない時代、水を得ることは大変だった。

沖縄にもあちこちに湧水があり、むかしから大事にされており、聖地や拝所となっていることがほとんどだ。

心地よい音を立てて流れるきれいな湧水は、耳と目の保養になり和める癒しスポット、「ウッカガー」を今回は紹介する。

“大量の水をたたえるウッカガー(金武町)” の続きを読む

【沖縄の怖い話】「コイツ、霊感あるだろ」って人に聞いてみた

第六感的な雑談

ろうそく

本人は認めないが「コイツ、霊感あるだろ」って友人がいる。

怖い話や不思議な話が好きでこの友人にしつこく質問していろんな話を聞いてきたが、一人で溜めこんでいたら人に話したくなったので、ここでちょろっと公開。

友人から見るとこういう世界らしい。

霊_視えないもの

「あのさ、霊ってよく見るの?」

いきなり何?
見えないよ。
でも、たまに気配のようなものは感じることがある。

「気配?」

んー…たとえば本を読んでいたり、映画を見ているときとか集中していても周囲の人の動きってわかるでしょ。
背後を通ったとか席を立ったとか。
たまにそんな気配を感じることがあったりはする。

「それって近くに誰かいたからじゃない?」

それならはじめから話題にしない。
自分以外に誰もいない場所での体験だから話したんだよ。

「そ、そっか。 き、気のせいだったんじゃない?」

そうだね。
だいたいはそうとらえている。

「『大体』? なにそれ? スルーできない場合もあるの?」

気配だけなら気のせい扱いにしているけど、ニオイがする場合は少し動揺する。

「は? ニオイってなに?」

なんだろ、体臭とか生活臭っていうのかな。
人に付いているニオイ。
わかりやすく言えばタバコを吸う人だと、服からタバコのニオイがするとか、コーヒー飲んだ人だとコーヒーの香りがするとか。そういうの。

誰もいないはずなのに人の気配がしてニオイまで漂ってくるとさ、さすがに変だなーと思った。

「・・・あのさ、霊感あるでしょ?」

(一般の人はそんな体験したことねーよ!)

霊_視てしまった

「あのさ、霊っぽいの見たことある?」

んー… (遠い目をした沈黙)

「あるんだ!? なに? どんなの??」

・・・よくわからないもの。

「は? どゆこと?」

たぶん、人の形をした霊のことを聞きたいんでしょ。
でも人型はあまり見ないよ。

「え? 霊って人じゃないの?」

だから言ったじゃん。
よくわからないものって。

「人じゃないなら一体何を見たの?」

黒いモヤのようなものだよ。

「黒いモヤ??」

黒い煙って言ったほうがわかりやすいかも。
丸い形だったり霧状になった不自然な黒いもの。
その黒いモヤが近くにいる人を見かけたことはある。

「えっ? えっ? 近くにあるとヤバイの??」

知らない。
正体がわからないから。
でも嫌な感じがするから見えたときはあまり近づかないようにしてる。

「黒いモヤってどんな感じでいるの?」

なんだろ…人に付いているっぽい。
人の背後に黒い霧状のものがぼんやりとあったり、肩あたりに丸型の黒いものがふわりと浮かんでいたりとか。
近くにいるけどぴったりくっついているわけではなく、少し離れた位置で付いてきているように見える。

黒いモヤはさ、ただいるだけで何かしているようには見えない。
それが不気味なんだよね。

「・・・あのさ、霊感あるでしょ?」

(正体がわからねーものほど怖いもんはねぇ!)

霊_ヒト

「あのさ、『人型はあまり見ない』って言ってたじゃん? あまりってことは一度は見たことはあるの?」

あー… まぁ……

「なに、そのあいまいな返事は」

気のせいだったかもって思っているから。

「なにその状況! 教えてよっ」

写真撮るのが趣味なの知っているよね。
旅先でさ、電車の写真を撮ろうとしたことがあるのよ――

目的地まで行くのに電車を使った。
田舎の路線で遅い時間だったこともあって電車に乗った時点で乗客は数名、停車駅での利用者も少なく車両内はすいていて静かな車内だった。
降りた駅は最終駅だったので次の発車まで停車時間がある。そこで車両の写真を撮ろうと思い、乗客が全員降りるのを確認してから電車を降り、ほかの乗客がいなくなるのを待ってからホームでカメラをかまえた。
すると窓越しにシートに座っている青い服を着た人が見えた。
勝手に写真を撮ると失礼だからと思い、車両の写真を撮るのはあきらめて改札へと向かってて、ふと思い出した。
乗客が全員降りるのを確認して最後に電車を出たので誰もいなかったはず。

それに気づいて、あれ?ってなったけど、振り返って確認する気にはならなくてそのまま改札を出た。

あれは全員が降りた後に、誰かが乗ってきたってことにしてる。

「・・・(絶対ちがうな…)」

TOPページロゴ
TOPページ

舞踊の人形展示あり。宜野座村立博物館(宜野座村)

展示内容が充実している宜野座村立博物館

宜野座村立博物館
宜野座村立博物館(沖縄県宜野座村)

昼時に宜野座村立博物館を訪れたのだが……

「12:00~13:00は昼休み」とのことで閉館していた。

遠出してきてたから「えぇ~」となったけど、沖縄らしい。

しばらくほかで時間をつぶして13時過ぎてから再度訪問した。

“舞踊の人形展示あり。宜野座村立博物館(宜野座村)” の続きを読む