【島たび】日帰り旅行で渡名喜島へ

渡名喜島へいってきた(渡名喜村)

渡名喜島
渡名喜島(沖縄県渡名喜村)

渡名喜島となきじまはタイミングが合えば沖縄本島から日帰り旅行が可能な離島だ。

大きなレジャー施設などはない素朴な島で、渡名喜村の集落のほとんどの部分は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。

渡名喜島へはむかしながらの沖縄の風景が残るなかで島時間を味わうために訪れた。

渡名喜島
渡名喜島の周辺地図

“【島たび】日帰り旅行で渡名喜島へ” の続きを読む

【島たび】伊良部島へ行ってきた(宮古諸島)

宮古島から伊良部島へ(宮古島市)

フナウサギバナタ
フナウサギバナタからの風景(伊良部島)

伊良部島は宮古島市に属する島で、伊良部大橋が開通したことで宮古島から車で移動できるようになった。

橋が開通するまで船が必要となる離島だったので、伊良部島と隣りの下地島には島時間が流れている。

そんなのどかな伊良部島めぐりをしてきた。

宮古諸島
宮古諸島の地図

“【島たび】伊良部島へ行ってきた(宮古諸島)” の続きを読む

【島たび】下地島へ行ってきた(宮古諸島)

伊良部島から下地島へ(宮古島市)

通り池
通り池までの道(下地島)

下地島は宮古島市に属し、となりの伊良部島とは橋でつながっている。

伊良部島から下地島を結ぶ橋を渡ったが距離が短かったため、下地島に入ったという実感がわかなかった。

宮古諸島
宮古諸島の地図

“【島たび】下地島へ行ってきた(宮古諸島)” の続きを読む

【島たび】座間味島をドライブしてみた

展望台が多い座間味島(座間味村)

神の浜展望台
神の浜展望台(座間味島)

慶良間諸島は海中の透明度が高く、「ケラマブルー」と呼ぶコトバがあるくらい海が美しい。

ほぼ一年中マリンスポーツを楽しむことができるため、海の魅力にとらわれて何度も訪れるリピーターが多い。

沖縄の小さな離島は、マリンレジャーに関係する場所は観光化されているが、島自体は素朴さが残っていて大きなレジャー施設がないところが多い。

座間味島は車があれば簡単に一周できる小さな島だ。

海岸付近はマリンスポーツ施設が揃っているが、集落を離れるとレジャー施設はもとよりコンビニもない島で、のどかな島風景を見ながらドライブを楽しめるところだった。

“【島たび】座間味島をドライブしてみた” の続きを読む

【島たび】海中道路でつながる浜比嘉島

琉球開びゃく神話のある浜比嘉島(うるま市)

浜ビーチ
浜ビーチ(浜比嘉島|沖縄県うるま市)

浜比嘉島はまひがじまはうるま市に属する島で、橋が架かっているため沖縄本島から直接行くことができる。

離島ではないがゆったりとした島時間を感じとれる穏やかなところで個人的に好きな島だ。

琉球神話にでてくる琉球開びゃくの祖神アマミキヨとシネリキヨの二神が来臨し住んでいたという伝承もある神秘の島で、伝承にまつわる史跡もあるからとても興味深い。

ここでは浜比嘉島にある史跡や島の風景などを紹介していく。

“【島たび】海中道路でつながる浜比嘉島” の続きを読む

琉球料理「イラブー汁」を食べてみた【久高島】

ランチを食べに食事処「とくじん」へ行ってきた(南城市)

食事処とくじん
イラブー汁(食事処とくじん)

「イラブー」とはウミヘビ(エラブウミヘビ)のことで沖縄の海にも生息している。

このウミヘビを使った「イラブー料理」は沖縄の郷土料理のひとつで、琉球料理のなかでも最高級といわれている。

料理はウミヘビの燻製を長時間煮込んで作ったスープがメインのものだが、食材が高価なこともあり、一般家庭ではめったに食卓に上がらない珍品だ。

南城市に属する久高島へ行ってきたが、イラブーの燻製が島の特産品であることを知った。

そして島たびの途中でイラブー料理を食べることができるお店を見つけたので、せっかくだからイラブーを食べてみることにした。

“琉球料理「イラブー汁」を食べてみた【久高島】” の続きを読む

【島たび】沖縄本島から25分で行ける久高島へ行ってきた

半日ツアーを利用して久高島をめぐってみた(南城市)

イシキ浜
イシキ浜(久高島)

神の島といわれている久高島は沖縄では最高峰の聖地として知られている。

「島へ来る人は島が選ぶ」という類の話を耳にする神秘の島で、これまで久高島へ行くのは尻込みしていた。

また島には聖地があちこちあるようで、知らずに拝所などへ入ってしまわないかなど気にかかることもあって躊躇していた。

しかし、ひょんなことから島の人を紹介してもらい久高島を案内してもらえることになったので、半日ツアーで久高島をめぐってみた。

“【島たび】沖縄本島から25分で行ける久高島へ行ってきた” の続きを読む

【島たび】沖縄本島から船で行ける日帰り可能な離島

船旅1~2時間で離島へ

渡名喜島
渡名喜島(沖縄県渡名喜村)

ここでは、沖縄本島から「船で2時間以内」「日帰り可能な離島」を紹介している。

フェリーの所要時間を基本としているので、最長2時間となっているが、高速船を使うとさらに早い時間で行くことができる離島もある。

紹介している離島の出発地は、那覇市の泊港(通称:とまりん)で、離島行きの船のほとんどがここから出発している。

この記事にでてくる島
渡嘉敷島 座間味島・阿嘉島 渡名喜島 粟国島 久米島

出発地
那覇市「泊港(とまりん)

“【島たび】沖縄本島から船で行ける日帰り可能な離島” の続きを読む

【島たび】海を満喫したいなら慶良間諸島へ(座間味島編)

シーカヤック&シュノーケルのツアーに参加してみた(座間味村)

嘉比島(慶良間諸島)
無人島・嘉比島(座間味村)

沖縄本島の海でシュノーケルをしているが、海中は魚たちが泳ぎ、運が良ければウミガメに会うこともある。

本島周辺の海はきれいで十分満足できるが、慶良間けらまの海はそれ以上に美しく、ダイバーたちの憧れの地という話を聞いたことがあった。

あちこちでダイビングしている知り合いからも勧められたので、慶良間の海へ行ってみることにした。

座間味村
座間味島の周辺地図

初めてのケラマなので、ツアーを利用することにし、座間味島ざまみじまでシーカヤックとシュノーケルが楽しめる半日ツアーに参加してみることにした。

数日前に電話予約をし、ツアー当日は泊港(那覇市)から座間味島へ出発した。

“【島たび】海を満喫したいなら慶良間諸島へ(座間味島編)” の続きを読む