【島たび】日帰り旅行で渡名喜島へ

渡名喜島へいってきた(渡名喜村)

渡名喜島
渡名喜島(沖縄県渡名喜村)

渡名喜島となきじまはタイミングが合えば沖縄本島から日帰り旅行が可能な離島だ。

大きなレジャー施設などはない素朴な島で、渡名喜村の集落のほとんどの部分は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。

渡名喜島へはむかしながらの沖縄の風景が残るなかで島時間を味わうために訪れた。

渡名喜島
渡名喜島の周辺地図

“【島たび】日帰り旅行で渡名喜島へ” の続きを読む

【島たび】座間味島をドライブしてみた

展望台が多い座間味島(座間味村)

神の浜展望台
神の浜展望台(座間味島)

慶良間諸島は海中の透明度が高く、「ケラマブルー」と呼ぶコトバがあるくらい海が美しい。

ほぼ一年中マリンスポーツを楽しむことができるため、海の魅力にとらわれて何度も訪れるリピーターが多い。

沖縄の小さな離島は、マリンレジャーに関係する場所は観光化されているが、島自体は素朴さが残っていて大きなレジャー施設がないところが多い。

座間味島は車があれば簡単に一周できる小さな島だ。

海岸付近はマリンスポーツ施設が揃っているが、集落を離れるとレジャー施設はもとよりコンビニもない島で、のどかな島風景を見ながらドライブを楽しめるところだった。

“【島たび】座間味島をドライブしてみた” の続きを読む

【島たび】沖縄本島から船で行ける日帰り可能な離島

船旅1~2時間で離島へ

渡名喜島
渡名喜島(沖縄県渡名喜村)

ここでは、沖縄本島から「船で2時間以内」「日帰り可能な離島」を紹介している。

フェリーの所要時間を基本としているので、最長2時間となっているが、高速船を使うとさらに早い時間で行くことができる離島もある。

紹介している離島の出発地は、那覇市の泊港(通称:とまりん)で、離島行きの船のほとんどがここから出発している。

この記事にでてくる島
渡嘉敷島 座間味島・阿嘉島 渡名喜島 粟国島 久米島

出発地
那覇市「泊港(とまりん)

“【島たび】沖縄本島から船で行ける日帰り可能な離島” の続きを読む

【島たび】奥武島へ天ぷらを食べに行こう(南城市)

奥武島の天ぷらめぐり(南城市)

奥武島
奥武島(沖縄県南城市)

沖縄の天ぷらは衣が厚めで食べごたえのあるものが多い。

しかも安価なので大量に購入することができることから、休日になると家族分をまとめ買いに来る人も見かける。

南城市の奥武島おうじまは、むかしから天ぷらが有名で、近くの海岸で遊んだ後のエネルギー補給やおやつ代わりとして買いに行ったりする。

島には複数のお店があるが、ここでは訪れたことのあるお店を紹介していく。

“【島たび】奥武島へ天ぷらを食べに行こう(南城市)” の続きを読む

【島たび】海を満喫したいなら慶良間諸島へ(座間味島編)

シーカヤック&シュノーケルのツアーに参加してみた(座間味村)

嘉比島(慶良間諸島)
無人島・嘉比島(座間味村)

沖縄本島の海でシュノーケルをしているが、海中は魚たちが泳ぎ、運が良ければウミガメに会うこともある。

本島周辺の海はきれいで十分満足できるが、慶良間けらまの海はそれ以上に美しく、ダイバーたちの憧れの地という話を聞いたことがあった。

あちこちでダイビングしている知り合いからも勧められたので、慶良間の海へ行ってみることにした。

座間味村
座間味島の周辺地図

初めてのケラマなので、ツアーを利用することにし、座間味島ざまみじまでシーカヤックとシュノーケルが楽しめる半日ツアーに参加してみることにした。

数日前に電話予約をし、ツアー当日は泊港(那覇市)から座間味島へ出発した。

“【島たび】海を満喫したいなら慶良間諸島へ(座間味島編)” の続きを読む

【島たび】クロワッサンの形をした「水納島」へ行ってきた(本部町)

沖縄本島から15分で行ける水納島

水納島
水納島ビーチ(本部町)

水納島みんなしまは、白い砂浜と透明度の高い海で知られており、旅人の多くはマリンスポーツを楽しむために訪れる。

繁忙期(7~8月頃)だと一日10往復くらい船が出港し、しかもたったの15分で水納島に着くので、「日帰り」も可能で気軽に訪れることができる島だ。

「海」が自慢の離島だが、今回は「島あるき」をしてみたので、水納島に興味のあるかたは参考にどうぞ。

“【島たび】クロワッサンの形をした「水納島」へ行ってきた(本部町)” の続きを読む

【ツアー】無人島「やどかり島」へ行ってきた(恩納村)

カヤックツアーを利用して無人島へ

やどかり島
シーカヤック(やどかり島ツアー)

ツアーを利用して、シーカヤックで海をわたり、無人島上陸と洞窟探検をしてきた。

ツアーに参加したのもシーカヤックに乗るのも今回が初めて。

すべてが初めてのことだったので不安を感じていたが、ツアーに必要な講習がはじめにあった。

そこでカヤックの操作方法やシュノーケルについてなど、インストラクターの方が初心者にもわかりやすく説明してくれたので、安心して出発できた。

シーカヤックで海を走る

シーカヤック
シーカヤック

カヤックは二人乗りタイプで、はじめのうちはパドルの操作やタイミングを合わせるのに手間取った。

でも、いつの間にか意識しなくても操作できるようになり、途中からはスイスイ漕げるようになっていた。

やどかり島
シーカヤック(やどかり島ツアー)

カヤックは底面が透明だったので、浅瀬部分では海の中も見ることができた。

沖の方へ進んで行くと、海底が見えなくなり周りは深い青色の海となる。

こうなると少し不安も感じたが、周りの景色を見ながら自分のペースで海上を走れることに感動した。

“【ツアー】無人島「やどかり島」へ行ってきた(恩納村)” の続きを読む

【島たび】小さな砂の島「ウカビ島」へ行ってきた(南城市)

沖縄本島から5分で行けるウカビ島

ウカビ島
ウカビ島(南城市)

サンゴの欠片と砂でできた「ウカビ島」は、高速船を使うと5分以内で到着する。

小さな砂の島なので、潮が満ちてくると水没しないか気になるところだが、聞いてみると満潮時でも沈まない島とのことだ。

実は、この日は「コマカ島」へ行き、シュノーケルをする予定だったが、海上の状態が悪く、コマカ島行きの船は欠航。

そこで予定を変更して、ウカビ島へ行ってきたのだが、ウカビ島に興味がある方は参考にどうぞ。

“【島たび】小さな砂の島「ウカビ島」へ行ってきた(南城市)” の続きを読む

【島たび】キャロットアイランドの愛称をもつ「津堅島」へ行ってみた

沖縄本島から30分で行ける津堅島

津堅島の海
津堅島の海

沖縄県うるま市に属する離島「津堅島つけんじま」へ行ってきた。

今回の旅は、車両ごとフェリーで津堅島へ向かった。

島たびは、マリンレジャーではなく、日帰りで津堅島あるきをすることが目的なので、移動手段として車を利用している。

これから津堅島を訪れる予定のある人は、参考にどうぞ。

“【島たび】キャロットアイランドの愛称をもつ「津堅島」へ行ってみた” の続きを読む

「津堅みやらび」でランチをいただく【津堅島】

お食事処 津堅みやらび(津堅島)

津堅みやらび
お食事処 津堅みやらび(沖縄県うるま市・津堅島)

沖縄本島から1時間以内で行ける離島「津堅島つけんじま」へ行ってきた。

津堅島は、周囲約7.0kmの小さな島で、うるま市の勝連半島にある「平敷屋港」から海をわたって上陸する。

小さな島なのでお店は少ないが、食事ができるところはあり、そのうちのひとつ、「津堅みやらび」へ行ってみた。

“「津堅みやらび」でランチをいただく【津堅島】” の続きを読む