【島たび】クロワッサンの形をした「水納島」へ行ってきた(本部町)

沖縄本島から15分で行ける水納島

水納島
水納島ビーチ(本部町)

水納島みんなしまは、白い砂浜と透明度の高い海で知られており、旅人の多くはマリンスポーツを楽しむために訪れる。

繁忙期(7~8月頃)だと一日10往復くらい船が出港し、しかもたったの15分で水納島に着くので、「日帰り」も可能で気軽に訪れることができる島だ。

「海」が自慢の離島だが、今回は「島あるき」をしてみたので、水納島に興味のあるかたは参考にどうぞ。

水納島の基本情報

水納島の風景
島へ入る小道(水納島)

水納島みんなしま(沖縄県本部町)

  • 周囲:約 4.6km
  • 面積:約 0.47k㎡

水納島は、上空から見た島の形がクロワッサンに似ているということで、「クロワッサンアイランド」という愛称がある。

もともとは無人島で、島全体が「メンナノ御嶽」という聖地だったらしいが、現在は有人島となっている。

水納島には、毒蛇ハブがいるので、雑木林のなかなどへは入らないよう注意しよう。

【こぼれ話】もうひとつの水納島
宮古諸島にも同じ「水納島」という離島があるので、今回紹介している離島と間違えないようにしよう。

関連する記事

【危険回避】沖縄旅行を満喫するために知っておくべきこと(陸上編)

毒蛇ハブなど、知っておくと役に立ちそうな情報をまとめた記事

水納島あるき

高速船だと、たったの15分で島へ行ける水納島は訪れやすい。
ほとんどの人がマリンスポーツを楽しみに行くようだが、今回は島を歩いてみた。

水納島の海

水納島の風景
水納島の海

メインビーチ(水納島ビーチ)以外の海岸は、遊泳には適していないらしく、人がいなかった。

おかげで、海岸をゆっくりと散策できたが、海の透明度の高さに驚いた。

水納島へ入る

水納島の風景
島へ入る小道(水納島)

海岸から灯台が見えたので行ってみることにした。

整備された道はなかったので、ケモノ道のような小道を抜けて灯台へ向かった。

水納島灯台

水納島の風景
水納島灯台と島のみち

灯台周辺は、除草されていたので定期的に整備しているらしい。

そういや、カニの死体も見かけた。
調べてみるとオカガニという大きめのカニが陸地にいるようだ。

島のみち

水納島の風景
畑道(水納島)

住宅地以外の道は、アスファルト舗装などしていないようで、車輪の跡だけの道が多かった。

水納島の中心

水納島の学校
島の小中学校(水納島)

灯台方面から島の中心へ続いている道を歩いていくと、住宅地についた。

小さな集落だったが学校もあった。

集落のようす

水納島の風景
集落のなか(水納島)

集落内は、レジャー施設などはなく、民家とその周りに畑があったりして、バナナの木など南国っぽい植物が生えていた。

旅人向けのエリア

水納島の風景
観光用の道(水納島)

住宅地からメインビーチへ抜ける道には、観光用と思われる案内があったのでわかりやすかった。

また、このあたりに食事処などがあったりした。

水納島ビーチ

水納島
水納島ビーチ(水納島)

水納島を訪れる人たちは、マリンスポーツを目的にしている人が多い。

メインビーチとなる「水納島ビーチ」には、たくさんのパラソルが並んでいる。

ここでは、海水浴を楽しむ家族や若者、日光浴を楽しんでいるじいちゃんたちなどで溢れていた。

水納島にある旅客待合所

水納島の風景
旅客待合所(水納島)

水納島ビーチの周辺には、トイレやシャワー施設などがあり、島の中心方面に向かって少し歩いたところに、海の家や宿泊施設などがある。

船の待合所も近距離にあり、水納島ビーチ周辺でマリンスポーツをする場合は、移動が少なくてすむから便利だ。

水納島でランチ

沖縄そば
沖縄そば(水納島)

昼食に、ビーチから近い場所にあった海の家を利用したが、島内では食堂らしきお店は見かけなかった。

メニューを見てみると、軽食が多く、BBQを扱っているところもあった。

水納島でも沖縄そばは定番のようでメニューにのっていた。

水納島にある雑貨屋さん

水納島の雑貨屋
雑貨屋さん(水納島)

島に小さな雑貨屋さんがあったので寄ってみた。

こちらのお店は雑貨屋だけでなく、マリンスポーツ店もかねているので、マリンスポーツを案内している間は、お店が閉まっていることもあるとのこと。

訪れるときは事前に確認したほうがいいかもしれない。

雑貨屋さんで購入したおみやげ

水納島の雑貨屋
雑貨屋さんの看板とおみやげ(水納島)

お店は小さいが、商品の数はわりとあって、ユニークな作品が多かった。

島たびの思い出に、くらげ玉としおりを購入した。

水納島の北側にある松の木

水納島
水納島あるき

島の北側へも行ってみたが、人家はなくなり、畑などになっていた。

中心地から外れると、とくに何もないようだ。

家畜小屋跡

水納島の風景
牛小屋跡(水納島)

家畜小屋みたいなものがあったが、牛や豚などの家畜はいなかった。

水納島全体を歩いてみたかったが、とても暑かったので途中で断念した。

水納島ビーチより北側の海

水納島
水納島の海(水納島)

メインビーチとなる水納島ビーチより北側へ行くことは可能だ。

でも海水浴場には適していないようで、無人の海だった。

水納島の海のようす

水納島の風景
水納島の海

水納島は、透明度が高く、浅い場所だと海中がよく見え、タイドプールには小さな熱帯魚がたくさんいた。

今回の島たびは、島あるきをしてみたが、海がとてもキレイなので、次はマリンスポーツに挑戦してみたい。

水納島行きの船について

水納島の風景
水納島行きのフェリー

水納島へのアクセスのサンプル

— 注意 —
記事のデータは、島たびをした当時の情報。
料金や時刻表は変わる可能性があるので、最新情報の確認が必要だ。

渡久地港(本部町)

渡久地港
渡久地港(渡久地地区旅客待合所)

水納島行きの高速船は、「渡久地港~水納港」を運航している。
繁忙期だと08:00から17:00までの間に、船が12往復している。

  • 往復運賃 1710円(おとな)
  • 所要時間 約15分

いちばん少ない時期だと、一日2往復(午前と午後)となっている。

渡久地港には、駐車場が用意されているが、シーズン中は訪れる人が多いため、満車となっていることもある。

渡久地港周辺のMAP

渡久地港(所在地 沖縄県本部町字谷茶29)

■渡久地港までの距離(車の場合)
・本部町役場…約 1.13km(03分)
・那覇空港…約 85.4km(2時間11分)
・沖縄県庁…約 81.1km(2時間03分)

水納島港(水納島)

水納島の風景
水納島港周辺

水納島港は島の入口とあって、ひときわにぎわっている。

港周辺は、海水浴場に待合所など、必要な施設が揃っているので、マリンスポーツのために訪れた旅人には便利だ。

水納島たびのまとめ

  • 水納島は小さな島なので、徒歩でも十分散策できるが、毒蛇ハブに対する注意が必要。
  • 商業施設は少なく、コンビニなどはない。
  • 島内はあまり高い木がないため、日陰が少なく、直射日光がキツイ。
  • 風が吹いてなかったので、さらに蒸し暑く感じた。訪れるときは熱中症対策が必須。
関連する記事

【島たび】沖縄本島から1時間以内で行ける日帰り可能な離島
沖縄の離島を紹介している記事。

【危険回避】海の危険生物を知ろう
沖縄でマリンレジャーを楽しむ前に、知っておくと役立ちそうな情報を書いた記事。

沖縄県にある灯台【画像】
沖縄本島で見ることができる灯台を紹介

観光情報についての参考サイト

もとぶ町観光協会

本部町役場
公式サイト

水納海運
水納島フェリーのサイト